キハD15

2020年7月 4日 (土)

猫屋線

悩んでいましたが結局買っちゃいました。

Img_7353

今回キハの顔が変わったということもあります。

Img_7354

でもちょっと微妙かもしれません。

四隅にバリみたいなのは雨どいでしょうか?

あと、下に伸びた裾も若干弱い気も。。

Img_7355

あと、客車をどうするか。。

Img_7356

今回は客車用の車体も作ってみますかね。

Img_7357

ハ110とハ19かな?

 

| | コメント (0)

2017年10月11日 (水)

軽便鉄道模型祭の猫屋線改造キハD15の作り方 その6

今回はもろもろ準備します。

簡単なところで床板から。
P1040069
このように手で切り離してもいいんですけど、割れてしまうことがありますので、
裏から切り離したほうがよいです。
P1040070
万一割れてしまったら木工用ボンドで補修です (^^;
P1040071
動力と床板は動力側の穴を使ってねじ止めするのが正攻法かと思います。。

側面の補強。
KSの3mmX3mmアングル材が長さ250mmだったので半分の125mmにカットしました。
車体より少し長い感じになります。
P1040067
注:4mmX4mmのアングル材のほうが良かったかもしれません。。

裾から6mmのところでボンドで貼り付けて固定します。
固定の際は、表面を傷つけないように何か挟むなど注意してください。
P1040068
本当は先にねじ穴を切っておいたほうが良いかもしれません。。

お顔のディテール。
簡易治具を使います。
P1040065
点線の部分で軽く山折して、マスキングテープなどで貼り付けます。
位置合わせは慎重に・・・
貼り付けが甘いとずれます (^^;
P1040066
これで手すりの穴開けと、空気取り入れのふたの貼り付けを行います。
ふたの取り付けは表裏に注意してください。裏表を逆に付けるとエッジが際立ちます。
手すりは0.3mmの真鍮線あたりが良いかと思いますが、お好みでどうぞ。。。

ヘッドライト下の手すりは・・・目見当でお願いします (^^;
下側の手すりのずれのほうが見た目に影響あるので治具を作りました。


最後にベンチレーターです。
P1040072
今回、猫屋線風のベンチレーターをさらに精密に作ってみました。
これを使うかどうかはお好みでどうぞ。。
Nゲージの旧客のベンチレーターなどでも良いかもしれません。

作り方は、
P1040073
楊枝の先などで、ピンセットで形を揃えながら重ね貼りします。
事前に少し屋根と同じRを付けておくかどうかはお好みでどうぞ。。
最後に穴の開いていないものを貼ります。
組み立て後、穴に事前に1mm程度の棒を付けておいて屋根にさす方法もあります。
ベンチレーターは3個使いです。(1個予備というか試作用?)

他にドアのステップ部分などもあります、
用紙の端などで適当に作成します。床板の脱着に邪魔にならないサイズで。。

この後は、一般的な工作となりますので、
作り方シリーズは一旦終わりとさせていただきます。。

PS.
猫屋線の顔とペーパー側面の貼り合わせと下地処理が一番の山場となります。
紙の厚さと顔部分の厚さの違いなどはカット&トライとなります (^^;

前後面の窓ガラスは、
・手すりを避ける追加工
・ライト部分との切り離し
・側面との干渉部分の削除
なども必要になります。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月10日 (火)

軽便鉄道模型祭の猫屋線改造キハD15の作り方 その5

塗装剥がし編です。

IPA(イソプロピルアルコール)を準備します。
と言いましても自動車用品屋さんで買ってきた水抜き剤です。
P1040060
火気厳禁!

今回は小さいパーツなので手軽にチャポン・・・
P1040061

5分程度で拭き取ります。
P1040063

完成!
P1040064

キハ15の文字のところはやすりでならしておきます。

次はこの部品のディテール処理の予定です。
・運転室に風を入れる扉の貼り付け
・手すり3か所の取り付け

一気に書けと言われそうですが、工作時間の都合ですみません。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 9日 (月)

軽便鉄道模型祭の猫屋線改造キハD15の作り方 その4

今回は猫屋線の分解編です。
今更皆さんご存知でしょうけど備忘録として (^^;

ベースは第2弾のキハ11を使います。
P1040053
まず下回りを外して、顔を外します。

キハD15にはこの湘南顔とガラスを使います。
P1040054
下側からそーと外すと取れます。

窓ガラスも外しますが、前後面はライトの部分が固いのでピンセットでつまんで
傷めないようにします。
P1040055
外したガラスは傷にならないようにマスキングテープなどを貼っておくとよいです。

下の写真の赤い部分のツメ4本は屋根板と干渉するので削除します。
P1040056
ペーパーやプラ板で屋根にする場合は残しても良いかもしれません。

下回りは台車と床下の部品を流用します。
P1040057
台車はナイフなどを使ってこじっちゃいます。
折らないように気を付けましょう。

以上が分解編です。
P1040058

このあと、ボディーの色を落とします。
これもみなさんご存知かとは思いますが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

軽便鉄道模型祭の猫屋線改造キハD15の作り方 その3

側面の補強についてです。

補強なのでL型アングル材のほうが良いのでしょうが、
ここでは試作した角材の方法で説明します。

あくまでも一例なのでもっと良い方法があれば試してみてください。

角材は2mm角と3mm角を用意します。
P1040051
上端基準で2mm角を、下から6mmのところに3mm角を貼り付けます。
2mm角のほうは、ドアの部分を避けるために角材を少し削ります。
手すり穴をふさがないように気を付けます。

長さは130mm程度とし、後で前後面とつなぐ際に調節します。
P1040052

ただ、この方法、課題があります。。
手すりを後からつけにくい (^^;

今回は手すりを先につけて、L型アングルで作ってみます。
って、アングル材あったかな?

つづく。。


| | コメント (6) | トラックバック (0)

2017年10月 7日 (土)

軽便鉄道模型祭の猫屋線改造キハD15の作り方 その2

次にバス窓のHゴムを貼り付けます。

まず最初に準備すると良いものにカップ麺やヨーグルトのふたです。
Hゴムのパーツに接着剤を塗ったものを置く場所に使います。
P1040041

Hゴムに接着剤を塗る場合は裏面に塗ります。
P1040042
裏面のほうが微妙に面積が広いです。

今回Hゴムのサイズは4種類です。
P1040040
微妙に幅が違いますので貼り付けの際は注意してください。
(右側のグループの上下)

しばし乾燥を待ちます。
P1040043

乾いたら再度接着剤を塗って、本体に貼り付けていきます。
その際、出来の良いものを選びましょう。
P1040044
窓に乗せたら、窓の内側からピンセットなどで位置を合わせていきます。
貼り付けの際は、切り離した部分が下に来るようにすると見た目が良いかもしれません。

貼り付け終了!
P1040045
接着剤をつけすぎてはみ出した場合は後でナイフなどで削ります。
紙やすりのふちで削っても良いかもしれません。

最後に、バス窓の内側から刷毛タイプの瞬間接着剤でしみこませてバス窓完成。
P1040047
実際のHゴムの厚さはもっと薄いので、
厚さが気になる場合は表面をやすりなどで削って好みの厚さにしてください。
模型のデフォルメ的にはこれでも良いかと思ってます。。

このバス窓が作りたくてレーザー加工機を買いました。


さて、この続きはとりあえずお任せします (^^;

裏に補強となる角材などを当てたほうが良いです。
窓ガラスのサイズもこの状態で確認しておくとあとが楽です。
手すりはこの状態で付けたほうが良いのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

軽便鉄道模型祭の猫屋線改造キハD15の作り方 その1

模型祭では6セットばかりの用意でしたが、その作り方について解説したいと思います。

ただ、作り方は色々あるかと思います。
私よりもっと上手な方もいらっしゃるはずですので、
一例として見ていただけますと幸いです。

最初に切り出します。
P1040030
部分的につながっているところをカッターやデザインナイフで切り離します。

一番上のパーツは窓のサッシも切り離します。
P1040031
サッシは別塗りして窓を付ける際に貼り付けます。
バス窓用のHゴムは細いので取り扱い注意です。。
切り離したところが飛び出てしまった場合は・・・
切りすぎないように切り直すか、やすりでこするか。。。
要は頑張ってください (^^;
一応予備が付いています。

接着剤登場!
P1040032
貼りあわせを考えてそれぞれのパーツに一度塗り込み、乾かします。
パーツに厳密には裏表があります。
レーザーカットした際の黒いエッジが見える側が表で、
あまり見えない側が裏になります。
間違えても大した影響はありませんが、
レーザーカットも垂直に切れているわけではありませんので
Hゴムなどは注意してください。

このドア部品は裏表があります。
P1040033
窓の周囲をゴムっぽく溝を掘っています。
溝が表になります。
ドアの表から見える部分は接着剤を塗らないようにしたほうがきれいです。

はみ出さない程度にたっぷり接着剤を付けて貼り合わせます。
P1040034
その際の貼り合わせがずれないようにするのが難所です (^^;
だめだ!っと思ったときは急いで剥がします。
まだ間に合いますから。。

多少であればあとでやすりで修正しますが、
ドアについては注意してください。
P1040035
3回貼りなおしたのは秘密です (^^;
周囲を刷毛タイプの瞬間接着剤をぬるとしっかりします。
(バス窓のところはHゴムを貼ってから)

追伸:トラブルシューティング

1.こんなこともあります (^^;
P1040036
瞬間接着剤を少し流し込んで貼り付けましょう。。

丸いところに瞬間接着剤を盛った時は盛り上がりすぎないように
素早く指で拭き取るのが私流です。。
なので指がカチカチに。。
もっとスマートなやり方しましょうね (^^;
あとでやすればいいんですけどね。。

2.ずれちゃったときは・・・
多少のずれなら外側に合わせて修正ですね。
P1040038_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)