腕木信号機

2020年5月 4日 (月)

腕木信号機の試作 その2

信号機の3種類目。

これもまずは治具から。。

Img_7121

パイプに穴をあけて

Img_7123

可動範囲を確認

微妙な調整(修正)を3回くらいして最終的には

Img_7129

こんな風にしてみました。

Img_7130腕木が水平じゃないのが特徴です。

可動ストロークが未定なので、テコでストロークを可変にしています。

動作はサーボモータで振れ幅調整の予定ですが、きっと後回しかも (^^;

Img_7127

というわけで駿遠線に見られる3種類を用意。

こんなのも作ってみましたが・・・
Img_7119

あまり実用性は無さそうです (^^;

1005サイズのLEDは根性ですかね。。。

最近ファイバー紙にはまっています。

調子に乗って、こんなのも作ってみましたが・・・

Img_7114

これも、あまり実用性はないかも (^^;

Img_7115

チップLEDが2個入る仕切りも入れてはみましたが。。



連絡です。

G1085247

この治具は1.6mm径のパイプ用の汎用穴あけ治具です。

1,1,2,3,4,3,2,1の順に貼り付けるのですが、

下から1,2,3,4,3,2と貼ったところでパイプが通る部分を切り取ります。

なので、中央部分にはボンドを付けないように気を付けてください。

そのあとで1をかぶせてください。

穴は0.6、0.8、1.0mmを用意しました。

左側の穴は位置合わせ用です。(あまり役に立ちませんけど)

耐久性は低いけど何回かは使えるはずです (^^;

 

| | コメント (1)

2020年5月 1日 (金)

腕木信号機の試作

基板を作るはずがまた横道にそれました (^^;


駿遠線の信号機は国鉄型とはちょっと違い、形も様々なようです。

その一つを作ってみました。

これは比較的国鉄型に近いです。

Img_7083

0.3mm厚のファイバー紙を貼り合わせています。

0.3mm真鍮線は飾りで埋め込んでいます。

Img_7084

レンズは表裏逆が良いようです。

ちなみに、WEVEの市販品をお試しで入れています。


ここまでは簡単なのですが、いざ点灯や動作を考えるとなかなか難しそうです。

まずは点灯のためにLEDを入れるところから。

Img_7099

試行錯誤の結果こんな感じにしようかと。。

でもよく見るとわかるように、取り付けがなんとなく曲がっている。。。

ということでムキになって治具作成。

Img_7102

1.6mmパイプ用に穴位置を決めるものです。

貼り合わせて、パイプを差し込んで穴をあけます。

Img_7104 

目けんとうよりは良いようです (^^;

Img_7105

完成予想

Img_7106

ただ、腕の振れ角をもう少し調整しないとです。。

リンクの穴も変更予定です。

というわけで、くるまやさん、リコールかけますので少々お待ちください (^^;


追伸

2種類目も試作しました。

Img_7107

可動確認はまだですが。。

| | コメント (4)