新藤枝駅を作る

2020年6月16日 (火)

詰所のつづき

しばらくほったらかしになっていた詰所を少々。。

ここのところ電気ものばかりだったので気分転換です。

#Wio Terminalが行き詰っているとも (^^;


まずは塗装から

Img_7289

エコーモデル信者はSTカラーです (^^;

テカリますが、後で薄く白を塗ればなんとかなるはずです。。

ここで終わりじゃ根性足りないということで窓も作成。

Img_7301

窓枠を治具にしてボンドを塗って貼り合わせますが、

今回は手抜きの2枚重ねです。

Img_7302

裏側は窓のプラバンのまま状態になります。。

で、なんとか貼り合わせ終了。

Img_7303

一応窓に合わせてみます。

Img_7304

隙間の部分は1mmか1.5mmの柱が入ります。

多分計算合っているはずなんですが、ここから先は現物合わせで (^^;


新藤枝駅の詰所は、後年は白い扉や窓になっていましたが、

ここではもう少し前の時代で行きます。


あれ?窓の種類と数を間違えた?

| | コメント (0)

2020年5月22日 (金)

I2Cのお勉強 その2

I2C実験が出来たので、本番環境に組み込んでみました。

Img_7196ぐちゃぐちゃですが (^^;

まずは、スレーブのArduino側を少し変えて、

マスターのPIC側からのセンサデータを受信してシリアルモニタに表示するプログラムに変更。

次にPIC側にセンサポートを読んでスレーブに送信するプログラムを追加。

動かすと、

2

おお!

センサポートの数字で出てきた!

127=01111111ですね。

センサを変化せると数字も変わります。

これで、Arduino側のプログラム作成に行けそうです。

まだ単にループにに入れただけなのでもうちょっと直さないとですが。。。


いやぁ~大したことじゃないのですが面白いです。

| | コメント (0)

2020年5月17日 (日)

電装系の試作完了

と言ってもまだ基本機能だけなので、大したことはできませんが。。

Inkedimg_7183_li

とりあえず、インチキポイントマシンが動いて、

その状態をセンス出来て、

列車検知センサーが検知して、

その結果をもとにパワーパックなどへ指示を送信できるところまでできたので、

これはいったん終了とします。

プログラムもインチキなので苦労しました。。

Img_7182

この波形は赤外線通信波形で、11110000101が出ていることの確認です。

未実装なのは

 スイッチ類の取り付け、

 2列車交互の自動往復機能、

 状態表示画面の作成、

 停車時間調整ボリュームの追加(と思ったらアナログポートが埋まっていた。。)

 ポイント切り替え用のリモコン、

 自動速度調整機能。

 


まだ先は長そう。。。

| | コメント (0)

2020年5月 9日 (土)

インチキポイントマシン その?

インチキポイントマシンのセンサ基板を作成。

Img_7164

で、プログラムを作る前に、これにつなげるサーボモータ側のセンサを。

Img_7163

秋月から届いたユニバーサル基板にピンヘッダを付けてサーボ側センサに付けます。

Img_7162

結構雑ですが良しとします (^^;

 

Img_7161 

で、サーボ側のセンサ基板が動くことを確認。

これでセンサ基板側を作る準備が出来ました。


また通販頼んじゃいました (^^;

Img_7159

 

| | コメント (0)

2020年5月 6日 (水)

いんちきポイントマシンの番外編

昨日のインチキポイントマシンは保守モードでの確認完了。

Img_7139

あとは通信機能ですが、これはまた後で・・・

この基板は受信側になるのですが、送信側が無いと動作確認とれないので。


で、また気まぐれでシンプルバージョンを作成。

Img_7141

単にスイッチを切り替えるとサーボモーターが動くだけの物で小ささを重視してみました。

Img_7142ユニバーサル基板は秋月にあった小さいやつ

スイッチ類をつなげて、

Img_7143

適当にプログラムを書いて動作確認。

Img_7144

無事動きました。

単体ポイントとして使うか、腕木信号機の腕振り用に使うか、他の基板と連携させるか、

もしくは実験用ですね。

12f683

本当はLEDとかも積みたかったけど場所がなくなっちゃいました (^^;

可変抵抗付けて、サーボの振れ幅や位置を調整できるようにしたりとか色々考えられるのですけどね。

実験用にはもう少し大きな基板で作ったほうが良かったかもしれません。。


次は・・・ポイント操作用ののリモコンかな?

| | コメント (0)

2020年5月 5日 (火)

いんちきポイントマシン

腕木信号機はくるまやさんにまかせてポイントマシンに戻ります。。


先日動作確認したものをちゃんとした回路に組みます。

まずはざっくり部品配置。適当です。。

本当はケースを先に決めておかないと後で苦労するのですが、

後で苦労を選びました (^^;

Img_7132

ポイント3個用のシンプルバージョンとします。

極力スズメッキ線などで配線。

Img_7136

足りない部分はジャンパ線で。

Img_7137

ここで大事なのはどこが+で、どこが-かと、コネクタのピン番ですね。

ボーとしていると間違えますから。。

ちなみに、個人の趣味なのでサーボモータの接続はピンヘッダで済ませます。

信頼性重視なら誤挿入防止とロックなしはありえないのですが。。

さて、もう少し部品追加して次は魂を作らなくては。。


あ、電源スイッチ忘れた (^^;

 

| | コメント (0)

2020年4月30日 (木)

さて作るか。。

妄想→設計書→回路図→実験→妄想・・・

の繰り返しで、いつになっても工作が進まないので

この辺りで検討終了として工作に移ろうかと・・・

まずはポイントマシンの回路から。

やり方は色々あるかとは思うのですが、単純にするために

大手線側と本線側は別系統としました。(別基板)

理由はいくつかあるのですが、

一番は、「挫折しても大手線側だけは完成する」ですね。

ちなみに、大手線側の概略構成は

Photo_20200430141301

こんな感じで、色々作らないとです。。

ポイント制御の実際はPIC16F690の在庫処分です (^^;

16f690_20200430141501

何回も書き直しているので、まだ変わるかもしれませんが。。。

| | コメント (2)

ポイント用サーボモーターの実験の備忘録

趣味なので動けば良しとすることが多いのですが、

今回はPhotoInterrupterセンサーを初めて使うので受光側の抵抗値の確認をしてみました。


回路は下図のもの。

Untitled

Rの値は適当に10KΩにしていましたが一応H,L電圧を見てみました。

 H=5V、L=0.7V

う~ん。Lレベルが少し高い。。

もう少しLレベル下げたいので

手持ちの抵抗でカットアンドトライの結果4.7KΩあたりが良さそうです。

 H=4.9V、L=0.3V

でも4.7Kの手持ちがないので2.4KΩとなります。。

結局適当です (^^;


実験終了ですが、基板作るの面倒。。

| | コメント (0)

2020年4月28日 (火)

ポイント用サーボモーターの実験

ポイント切り替え用のサーボモーターに方向検知のPIセンサーを付けるための基礎実験です。

目的はサーボモーターの動作をどの位置でどのくらい動かすかを調べるためです。

Inkedimg_7080_li

サーボモーターの動作量はポイント切り替えに必要なストローク+αになっていますが、

センサを切るためにはサーボモーターの動作角を変えないといけなかったのです。。

また、実際にPIセンサがちゃんと反応するかの確認もです。

#サーボモーターを動かす側と、その位置を検出する側は諸般の事情で独立しています (^^;

サーボモーター動作側のスイッチを動かして

Img_7078

センサの反応を見るのですが、わかりやすくするためにLEDを付けています。

スイッチを逆にすると

Img_7079

LEDが消えます。

今回はセンサの反応のバタつき除去とかはやらずに単純検知でいけそうです。
(ちゃんと波形を見たわけじゃありませんが。。)


これだけなのですが何日もかかったのは秘密です (^^;

久しぶりにPIC使いましたがすっかり忘れています。。。

| | コメント (4)

2020年4月20日 (月)

いんちきポイントマシンVer.2?

自家製インチキポイントマシンもついにVer.2へ!?


って言うほど大げさなものではなく、

単にサーボの位置=ポイントの方向をセンサで検出しようとしただけです。

ポイント位置は論理的には制御信号で分からなくもないのですが、

実際はどうなっているかは保証できません。

通常は保証する必要はないのですが、

ギャップの配線が絡むとなるとそうも言えなく、

ショート防止には必要かなと思った次第です。


で、まずは試作カット。

Img_7038

例の通り2.5mm厚のMDFなのですが、

これがなかなかうまく切れなくて苦労しました。。

なにしろ8個作りますから。。

Img_7039

切り離して

Img_7040

組み立て。

Img_7041

今回はこのPI(フォトインタラプタ)センサが改良点です。

サーボのレバーでセンサーを切るわけですが、

Img_7043

うまくいくかどうかは未実験 (^^;

Img_7045

地味にワッシャで高さ調整していたりします。。

しかし、ここで組み立てStop。

Img_7047

6角スタッドが足りなくなりましたので秋月をポチッとして入荷待ち・・・

その間に実験すればよいのですが、飽きちゃったのでまた別の作業へ。。


#外出自粛でガソリン代はかからないのですが、通販が増えますね (^^;

| | コメント (0)