レーザー加工機

2020年7月24日 (金)

鮮魚台の試作

排障器に続き、次は鮮魚台です。

鮮魚台は真鍮線で作る方法もあるかとは思うのですが、

私には絶対無理 (^^;

治具を作ればできなくもないですがそれでも面倒です。。


ということで、ファイバー紙カットでどこまでできるかです。

まずは適当に作図して0.3mm厚でカット。

Img_7418

パイプの太さの違いも0.1mm単位で調整です。

色々作ってみました。

Img_7422

メリハリのあるという意味では右のタイプが良いかもしれません。

ただ。。。

ファイバー紙と言えども剛性は低いですね。

Img_7425

0.5mm厚のほうがしっかりしそうです。

Img_7429

ちょっとゴツくなりますが。

残課題は折り曲げ。。

横と前を別に作ること自体は簡単なのですが。。


ついしん

結局0.5mm厚の折り曲げは断念。

Img_7430

貼り付けですね。


残骸色々 (^^;
Img_7431

 

| | コメント (0)

2020年7月19日 (日)

排障器の備忘録

ファイバー紙備忘録。。

ファイバー紙は丈夫なのですが、それが逆に短所でもあるのが折まげ。

先の排障器ではアングルを作るのに折り曲げは諦めてカットしちゃっていましたが、

試しに折り曲げ版をテストしてみました。

Img_7412

折り曲げたい部分を点線でカット。

上の写真では0.1mmカットして0.3mmあけてまた0.1mmカット・・・

結果はギザギザが見えてだめですね。


一方で折の内側はきれいに見えます。

Img_7411

適材適所のようです。。

Img_7413

左は試作中のもの。右は前作。

| | コメント (0)

2020年7月12日 (日)

リヤカーふたたび

以前は紙で作っていましたが、

今回は0.3mm厚のファイバー紙で作ってみました。

Img_7383

まずはお試しカット

Img_7373

カット自体は大丈夫そうです。

Img_7374

細いです (^^;

なんだかんだ言っても紙なので曲げるのが大変です。

Img_7375

曲げる位置を間違えると寸法が合わなくなります。。

少し表面を切って曲げたほうが良いかもしれません。

Img_7382

車輪はクラフトボンドで

Img_7379

貼り合わせます。

Img_7380

厚み感を出すために外形が少し違います。

 

あとは色々貼り合わせて完成。

Img_7384

板は乗せただけで、後で別塗装します。

塗装後貼り付けます。


ちなみに、こんなのも作ってみました。

Img_7381

0.2mm真鍮線を組み合わせればスポーク表現が出来そうですが

面倒なのでやめました (^^;

 

余談ですが、
iPadをサブディスプレイにしながら。。

Img_7378

サブディスプレイ欲しいなぁ。。

最近テレワークやオンラインミーティングが多くなると拡張デスクトップ欲しくなりますね。

| | コメント (0)

2020年4月11日 (土)

試作品

業務連絡?です。

 

まずは試作その1

Img_6960

こんな感じ?と思いましたが、

Img_6961

う~ん。ちょっと緩いかな?

ということで、試作2。

Img_6962

少し小さくしてこんなものでしょう。

これで、1608サイズのLEDが入ります。

写真は秋月のリード線付きLEDです。


組み立ては老眼にやさしいガイド穴付きです!

0.3mmの真鍮線を通しておくと紛失防止になります。

Img_6963

LEDの取り付けと組み立てを同時にするなら3枚でもいけます。

厚さは1.5mmになります。

3枚だと後からLEDは入れられないです。たぶん。。

Img_6965

ブレていてすみません (^^;

LEDを後から入れるなら

Img_6964

4枚構成です。

厚さは4枚で2mmとなります。

Img_6966

ちなみに、直径は3.5mm


材質はファイバー紙ではありますが、

LEDを貼り付けてからはんだ付けはお勧めしません (^^;


こんなセットで用意しますのであとはご自由に。。

Path425911

 

ステー付きも作りました。

Img_6967

細いけど、ファイバー紙なのである程度は強度はあるかと。。

もしくはLEDの配線の片側を真鍮線とかにしてそのままステーにするかですね。

| | コメント (2)

2019年11月 5日 (火)

ファイバー紙のカットの備忘録

素材はオヤイデ電気のこれ

https://oyaide.com/catalog/products/akafai0-5a4.html

(0.5mm厚グレーのタイプ)

Img_5872

どれがなんの厚さだかわからなくなってきた。。

左から0.5、0.8、0.35、0.4mmだと思うが、

マイクロメーター持っていないので多分。。

 

我が家の4WのPodeaの場合、

 彫刻は

  彫刻パワー100%

  彫刻速度1cm/s

  解像度2step

  繰り返し1回

 でやると彫刻し過ぎで透けちゃいました。。

 一部は完全に穴開いちゃった。。

Img_5874裏から見ると・・・
(追伸)彫刻速度を2倍にするといまいち弱かった(涙)
(追伸2)彫刻速度を戻して出力を90%にしてみても焼け落ちちゃうことが判明
     結局はフォントの太さが影響。。。
     なかなか難しい。。

 切断は

  切断パワー100%

  切断速度2mm/s

  繰り返し1回

 で問題なし。

(もう少し早くしてもOKかも)

Img_5871

ファイバー紙は、若干カールがあるので完全切り抜きしちゃうと

先に彫刻している場合はずれる可能性があるので要注意。。

というか、手抜きしない (^^;

(手抜きしないとは、作図の時切り落とさない部分を作るとか、

 レーザー加工機にセットする際にちゃんとマスキングテープで固定するとか。。)


Img_5873

これを、いんちきパワーパックのパネル代わりにしようという作戦です。。

(追伸)カットしてみてわかったことですが、ファイバー紙は焦げにくいようで、

    紙や木と違って断面が比較的きれいかも。。

 

ファイバー紙は保管に注意しましょう。。

袋に入れてフラットにしておくのが良いかと。

 

| | コメント (0)

2019年9月 2日 (月)

鉄道模型趣味9月号

先週やっと入手 (^^;

Img_5516

地方では絶滅危惧種ではないかと思うくらい売っていないのは

人気があるからなのかな?


で、今月はレーザー加工機の特集でしたので購入してみました。

なかなかの読み応え、参考になります。

私の場合、素材のコストを考えてケント紙やアート紙、工作用紙、STウッド、MDFなどが中心ですが、

記事ではバルカナイズドファイバーを多用されていました。

以前バルカナイズドファイバーやファイバークラフトも使ってみたのですが、

入手性が悪く、癖がついたり、コストがかかることもありすっかり忘れていました (^^;

こういうのには良いかもしれません。。

Img_5398

工作用紙だと全く強度なしです。

もっと使いこなさないとですね。


余談ですが、

記事にもありました通り、半導体レーザーは出力が弱いです。

なんでも切れるわけではないのでなるべく出力が高いもののほうが良いです。

カット時間の節約にもなりますし。。

あと、それなりに香ばしい匂いが出ます。

香ばしいと思うか臭いと思うかは個人差があります (^^;

 

 

 

| | コメント (2)

2018年8月17日 (金)

ガラスマット

試したくなって買ってみました。

お値段は2000円近くとちょっとお高めですが (^^;
Img_3904
サイズはちょっと小ぶりの15cmX22cmくらいです。
Img_3905
ちなみに、ゴム足がついています。

カットした感じですが確かによく切れる感じがします。
でも、たまにガラス特有の滑り感?キーとかは言わないんですが、
苦手な人もいるかもしれません。
(ちなみに強くカットしたら傷になりました(涙))

で更に実験。
レーザー加工機の台になるかな?と、試してみました。
(本当はこれが一番やってみたかった)
焦点はガラス面より2mmくらい上にしてみましたが・・・
Img_3907
裏側の方眼の紙が切れました (^^;
裏から見ると完全に切れています。。
Img_3908
 
方眼目の入ったガラス板欲しいかも。。
割れちゃうかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月21日 (土)

自転車とリヤカーの完成例:すごくいいです!

と言いましても私のではなく、
軽便模型祭でお求め頂いた「おきコレ」さんの作成です。

工作手順も参考になります。

リンク先はこちらになります。
http://okikore.exblog.jp/26101434/

ほんとシャープな出来栄えと細かな塗装はうらやましいです (^^;

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年10月 1日 (日)

軽便鉄道模型祭の自転車とリヤカー

軽便鉄道模型祭お疲れ様でした。
来場者の皆さま、スタッフの皆さまありがとうございました。

早速ですが、軽便祭のお話しはさておき、
リヤカーの作り方について補足いたします。

説明書を用意しましたので参考にしてみてください。
「howtomake.pdf」をダウンロード

もしご質問等ある場合はコメントへお願いします。
非公開希望の場合はその旨記載くださいませ。。
メールにてお答えいたします。

ちなみに、早い人で20分~30分で組み立てられるそうです (^^;

PS.
自転車の方はくれぐれもチェーンケースが右側になるようにご注意ください。

PS.
くるまやさんが組み立てのコツを教えてくれました。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2017年8月15日 (火)

2つのキハD14

二兎追うものは・・・

というわけでなかなか進まないですが・・・
側板に角材で補強を入れて、
P1030862

大小それぞれ側板完成。
P1030865
上が1/87、下が1/80

初めての塗装剥がしにも挑戦。
P1030867

なんと、あっという間に塗装が取れるのですね!
P1030868

サーフェイサーを吹いて
P1030869

天板検討中です。。
P1030873

雰囲気だけ・・・
P1030874
こんな感じです。

1/80のほうは動力が課題です。。
さすがにTM-07Rそのままじゃ。。
まあ、ボディができてから考えます (^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧