レーザー加工機

2021年9月27日 (月)

クリップのお話

ファイバー紙バスを組む際に用意したクリップの話です。

最初はクラフトボンド中心で組んでいたのですが、

ファイバー紙のコシが強くて抑えるものが必要と思って作ったのが

ヒートクリップの改造でした。


一般的にははんだ付けの際に部品にかかる熱を逃がしたりするものですが、

細かいところをつまめそうなので、ファイバー紙の固定に使えないかと思った次第です。

gootなどのクリップは1個150円くらいです。

Img_9560_20210927233701

 

注意点としては、

・ワニぐちになっているギザギザはヤスリで削り落としておく

  じゃないと跡が付きます。。

・削った後の合わせの確認

  フラットな噛み合わせにしないとやっぱり跡が付きます。

  特に普通の紙の場合。

・接着剤をクリップに付けないように

  瞬間接着剤などの場合、はがれなくなります (^^;

  ファイバー紙の場合はまだ良いのですが、普通の紙の場合ダメージが大きいです。

・面を接着する際には使わないほうが良い

  圧力が均一になりませんからね。。

 

 

| | コメント (0)

2020年11月 3日 (火)

マスキングテープのカット

前から試してみたかったことがありました。

マスキングテープのレーザーカット。

単に塗装のためのR部分のカットするだけなら前からやっていましたが。。。

 

まずは普通の使い方。

例えばこのシートをカットします。

Img_7952

注意点としては焦がさないことでしょうか。

普通紙のカットと同じくらいの速さ(エネルギー)でカットします。

結果こんな感じで、

Img_7953

台紙には焦げ跡なし。

Img_7954


で、以前から試したかったのはこっち。

エンドウの#2740透明ガラス(キャブロイドR)にマスキングテープを貼りカットします。

#絵が雑ですみません。。

よく見るとカットされています。

Img_7965

保護シールは剥がしておきます。

で、はがすと・・・

Img_7966

おお!できた!

透明素材はレーザーが透過して無事でした。

となると次にやりたいのは塗装。

Img_7967

試しに黒サフを軽く吹いてみました。

傷をつけないようにそっとテープをはがすと、

Img_7969

これがやりたかったんですよ!

当然裏から見ると光沢です。

#ムラがありますね (^^;

Img_7970

どっちを使うかは用途次第ですね。


今作成中のバスのフロントガラスはこれで行こうかと思います。

グレーの塗料で塗装面を表にして。。


立体表現が不要なら建物の窓ガラスの枠にも使えるかもしれません。。

| | コメント (0)

2020年9月25日 (金)

火の見やぐらの改良 その2

先般の火の見やぐらですが、

どうしても気になって改良部品を追加しました。

Photo_20200925011601

書き忘れましたが、予備の飾りですが、先端が少し長くなっています。


屋根についても少し大きめのものを追加してみました。

2_20200925012101

屋根はファイバー紙じゃないほうが作りやすいですね (^^;


説明書の最新版はこちらです。→火の見やぐら_簡易説明書ver006.pdf

 

| | コメント (2)

2020年9月22日 (火)

ペーパー自転車のファイバー化 完成

試作品は0.3mmの穴の周りが細すぎてすぐ切れてしまいそうでしたので、

少し大きくして、何か所か形を変更しました。

Img_7790

作り方は、ハンドルになる0.3mmの真鍮線に部品を通していきます。

これが結構大変ですが、位置合わせは楽になります。

クラフトボンドのちょん付けで貼り合わせていきます。

同様に後輪の軸部分にもスタンドとなる0.3mm真鍮線に部品を通します。

Img_7794

注意点は、荷台の曲げと、通す順番でしょうか。

ここまでできればほぼ完成。

サドルや、ライトもどきや、反射板もどきを貼り付けスタンドを適当に曲げて

Img_7796

完成です。

Img_7801

真鍮線がくるくるするときはクラフトボンド付けてなじませちゃいます。

ハンドルのところは最初は4本通しますが、

貼り付け後に両側2本は切り取ったほうがすっきりするかもしれません。。


サッと黒サフを吹いておしまいです。

Img_7802

だいぶ立体感が出たと思います。

組み立て前に塗装して、塗り分けするのもアリかもしれませんが、

今回は組み立て検証なので黒一色に。。


自転車は脇役ですから、あまりこだわっても仕方ないという話もありますが

まあそこが趣味ってやつですね (^^;

| | コメント (0)

ペーパー自転車のファイバー化

エア軽便祭の話を飛ばして、自転車をファイバー紙化してみました。

リヤカーがあって自転車がないのもさみしいので。。


結論から言うとまだ改良が必要ですね (^^;

Img_7784

今回ハンドルとスタンドを0.3mmの真鍮線化しようとしたのですが、

ちょっと攻めすぎました。。

組めなくはないですが。。

目が辛いです。

Img_7785

紙の厚みがあるので彫は深くなったのですが・・・

遠目には変わらない (^^;

Img_7786

でもリヤカーとセットになるとまあまあかな。。

Img_7787

 

火の見やぐらを申し込みいただいた方に、おまけのサンプルとしてご用意しようかと。。

| | コメント (0)

2020年9月20日 (日)

エア軽便祭2020 その1

今年は皆様にお会いできないのが残念ですね。。

自宅開催するにもそんなに場所がないので地味に参加します。


で、今年はこんなものを作ってみました。

滝越の火の見やぐらです。

Img_7749

作ったというよりリニューアルですね (^^;

火の見やぐらはずっと欲しかったアイテムでしたがどうも好みに合わず、

ちょうど8年ほど前にくるまや軽便鉄道さんがカッティングプロッタで作ったところから始まりました。


当時はカッティングプロッタしかなかったのでなかなか大変でした。

今回はレーザーカットでファイバー紙を使って、強度と組みやすさを求めてみました。


ファイバー紙の厚さは0.35mm。

一部の部品はケント紙で薄くしました。

組み立てはクラフトボンドだけでも出来ることを目標にしています。

なお、強度アップと言っても紙よりアップしただけで、金属にはかないません (^^;

組みやすさも正直なんともいえませんね。。

自分は慣れちゃったので組みやすい気がしていますが、金属製のほうが楽かもしれません。


そんな火の見やぐらですが、

もし作ってみたい方がございましたらエア軽便祭2020記念に少量用意しますので

くるまや軽便鉄道さんのサイトよりお申し込みください。

説明書はこんな感じです。


一応書きますが、

工作を楽しんでもらうのが目的ですので、

商品というより工作素材と思っていただけると幸いです。。

 

| | コメント (0)

2020年8月10日 (月)

火の見櫓のファイバー紙化

紙厚が違うので思ったより修正が必要でした。

本当は3面ではなく4面の四角い火の見やぐらにアレンジしようと思っていたのですが、

修正だけで疲れちゃったので4面化はまたいつか (^^;


今回の修正は紙厚の修正だけではなく組みやすさも考えました。

以前作ったもの

・治具を使うこととする

 

 

 

Img_7532

 

・クラフトボンドで組み立てられることとする

Img_7534

・若干のアレンジもできるようにする

Img_7539

・基礎のブロックも用意する

Img_7538

などなど。。


まだ完成見本はありません (^^;

 

| | コメント (2)

2020年7月24日 (金)

鮮魚台の試作

排障器に続き、次は鮮魚台です。

鮮魚台は真鍮線で作る方法もあるかとは思うのですが、

私には絶対無理 (^^;

治具を作ればできなくもないですがそれでも面倒です。。


ということで、ファイバー紙カットでどこまでできるかです。

まずは適当に作図して0.3mm厚でカット。

Img_7418

パイプの太さの違いも0.1mm単位で調整です。

色々作ってみました。

Img_7422

メリハリのあるという意味では右のタイプが良いかもしれません。

ただ。。。

ファイバー紙と言えども剛性は低いですね。

Img_7425

0.5mm厚のほうがしっかりしそうです。

Img_7429

ちょっとゴツくなりますが。

残課題は折り曲げ。。

横と前を別に作ること自体は簡単なのですが。。


ついしん

結局0.5mm厚の折り曲げは断念。

Img_7430

貼り付けですね。


残骸色々 (^^;
Img_7431

 

| | コメント (0)

2020年7月19日 (日)

排障器の備忘録

ファイバー紙備忘録。。

ファイバー紙は丈夫なのですが、それが逆に短所でもあるのが折まげ。

先の排障器ではアングルを作るのに折り曲げは諦めてカットしちゃっていましたが、

試しに折り曲げ版をテストしてみました。

Img_7412

折り曲げたい部分を点線でカット。

上の写真では0.1mmカットして0.3mmあけてまた0.1mmカット・・・

結果はギザギザが見えてだめですね。


一方で折の内側はきれいに見えます。

Img_7411

適材適所のようです。。

Img_7413

左は試作中のもの。右は前作。

| | コメント (0)

2020年7月12日 (日)

リヤカーふたたび

以前は紙で作っていましたが、

今回は0.3mm厚のファイバー紙で作ってみました。

Img_7383

まずはお試しカット

Img_7373

カット自体は大丈夫そうです。

Img_7374

細いです (^^;

なんだかんだ言っても紙なので曲げるのが大変です。

Img_7375

曲げる位置を間違えると寸法が合わなくなります。。

少し表面を切って曲げたほうが良いかもしれません。

Img_7382

車輪はクラフトボンドで

Img_7379

貼り合わせます。

Img_7380

厚み感を出すために外形が少し違います。

 

あとは色々貼り合わせて完成。

Img_7384

板は乗せただけで、後で別塗装します。

塗装後貼り付けます。


ちなみに、こんなのも作ってみました。

Img_7381

0.2mm真鍮線を組み合わせればスポーク表現が出来そうですが

面倒なのでやめました (^^;

 

余談ですが、
iPadをサブディスプレイにしながら。。

Img_7378

サブディスプレイ欲しいなぁ。。

最近テレワークやオンラインミーティングが多くなると拡張デスクトップ欲しくなりますね。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧