大手駅再び

2016年10月15日 (土)

大手駅その1

軽便鉄道模型祭から1週間。
遠い昔のようです ^^;

今日は天気が良いので太陽光で撮影会です。
我が家にはあまりよい借景が無いのでお許しを。。

それより、日光に当たって屋根が反っちゃいました ^^;

P1020454
あまり細かいところは見ないで頂きたい。。。

P1020452

適宜トリミングしています。。
P1020455

逆光だけど。。
P1020458

P1020456

雨樋取れちゃった。。
P1020461

パイプが外れている ^^;
P1020462
各所割れてきていて下回りはリニューアル予定です。

最後に全景
P1020460

このサイズになると部屋では結構邪魔ですね ^^;

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年10月10日 (月)

第12回軽便鉄道模型祭(お詫び編)

ちょっとお詫びを。。

昨日自動運転と言いながら、昼過ぎまで手動運転だったんですm(__)m

理由はパワーパックが壊れちゃいまして。。

会場で故障箇所の探索をしたところ、
症状
 方向切替が出来ずに片方向にしか走らない
原因
 TB6643故障
 12Vをレールに流す最終段の回路(IC)がこわれました。。
P1020436TB6643

故障探索
 今回のパワーパックは方向切替をスイッチで極性を入れ替えるタイプではなく
 方向スイッチの電圧レベルをPICで読んで切り替えるので、
 PICは白。

 次にPICの出力をロジック回路を通しているので、
 そのロジック回路の出力を見ると問題なく切り替わっていることから
 ロジック回路も白。

 となると、
 あとはモータードライブICのTB6643しかないわけでした。

秋葉原に部品を買いに行ってもらって、会場でIC交換したら無事動きました。
手動運転頂いたWさんごめんなさい。
部品かってきてくれたYさんありがとうございます。

自動運転のありがたさがわかりました ^^;

ICが壊れた真の原因と対策は今後の課題ですね。
また、バックアップ機も必要ですね。
勉強になりました。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

第12回軽便鉄道模型祭(解説編その2)

今回のオリジナルいんちき自動運転システムの概要です。

下の図を見ていただくのが早いです。
Photo
要は、パワーパック、ポイントコントローラー、センサー、リモコンが独立していて
赤外線通信で指示を出し合う形です。
(ちなみに、パワーパックは手動操作も可能です)

この方式の理由はいくつかありまして、
・プログラムが長くならない
  それぞれ機能を単純にすることで
  プログラムで悩まなくても済むかもしれないということです。
・拡張性
  センサ基板を追加して踏み切りを演出したり、
  橋の上は速度を落としたり、後から色々追加できそうです。
  機回しとか、転車台とか夢だけはあります(笑)

次に通信方式ですが、
今のご時勢ならBluetoothとか無線LANでしょうが、
今回は赤外線を使いました。
理由は簡単で、回路もプログラムも簡単に出来るからです ^^;
自分でデータフォーマットを決めて出来ますしね。

今回は
スタートビット+デバイスコード(3bit)+制御コード(3bit)+ストップビット
という必要最小限の構成です。

もちろんこれらの方式にはデメリットもあります。
・今のところ複数列車の運行はできない
  あくまでも普通の車両が使えることが前提のためです。
  パワーパック(もしくはPWM回路)を複数にしてギャップ制御でもすれば
  ある程度は出来るかもしれませんがそこまでやる気がありません ^^;
・通信の信頼性
  今回の赤外線通信は指示を出しっぱなしで応答までは見ていません。
  なので、混信したり、届かなかったらそれまでです ^^;
  発光・受光にも指向性がありますし。。
  なので、広い場所でやるにはあまり向いていません。
  このあたり、まじめに考え出すと本当のメカトロ制御になっちゃいまして
  趣味じゃなくなっちゃうんですよね ^^;



続くかもしれない。。



| | コメント (2) | トラックバック (0)

第12回軽便鉄道模型祭(解説編)

こっちは自分の話です ^^;

相変わらず言い訳から・・・・
毎度のことなのですがつくりの甘さごめんなさい。
カプラーが付いていなかったりほんとすみません。。
そして毎度来年こそはと誓うのでした。。

そんな昨年誓ったのが、鉄道模型は走らなくては!
ということで、今回は一応走るようになりました。
そのお話です。

昨年のリベンジの大手駅は終点なので走らせるとなると往復運転となります。

しかし、往復運転の場合ボーっと眺めることが出来ません。
ちゃんと見ていないと駅に激突してしまいますので ^^;
なので、走る+自動をテーマにしました。

最初に市販の往復運転システムを検討したのですが
方式や制御に自由度が無くてコストも掛かることから
自作するぞと思ったのが昨年末。

そこからPIC(マイコン)の勉強を始めて、
8月ごろになんとか目処が立ちました。

電気回路は多少の知識はありますが、
マイコンはさっぱりでして、一番簡単そうなものを選びました。
簡単の定義は、
・C言語でプログラムできること
  プログラミングの知識は仕事でやっているでしょう?
  と思う方がいらっしゃるかもしれませんが
  数十年前のBASICレベルです ^^;
・マイコンのPIN数が少ないこと
  これは結構大切で、機能が多すぎると覚えられないんですよ。
・メジャーで情報が多いこと
  書籍やネットに情報が無いと一人で出来ませんから。
・安いこと
  失敗したり、壊しても被害を最小限にできます。。

というわけで、今流行のラズベリーパイやArduinoとかはパス!
選んだのはPICの8PINの12F683でした。

以前も書いたかもしれませんが、お勧めの書籍は
電気大出版社の「たのしくできるPIC12F683実用回路」です。
この本が無かったら無理でしたね。。

悪戦苦闘の経緯は過去の記事を見ていただくとして、
今回の軽便鉄道模型祭で使った設備?がこれ。

P1020438

左上:超大型赤外線リモコン
中央上:外部制御機能付のTOMIX風パワーパック
右上:新藤枝駅1番ホームに設置したセンサとコントローラー
右:大手駅1番・2番ホームに設置したセンサコントローラー
中央その他:ACアダプター(12V、5V、5V)

どれもかっこよくないですね。。。
ケースもレタリングも余裕が無かったんです ^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第12回軽便鉄道模型祭

ご来場いただいたみなさま、ありがとうございました。
また、事務局、参加者のみなさまお疲れ様でした。

なかなか落ち着いて見られなかったのですが、
毎年趣向も異なり本当に参考と刺激になります。

まずは順不同でレポートから。。

順番をつけるものではありませんが、一番見たかったのはこれ、
桜山軽便鉄道さんの作品
P1020398
ブログで拝見していたのもありますが、昨年同様の瓦がすごすぎです。
P1020399
もちろん瓦だけじゃなくて植物の作りもすばらしい。
リアルすぎてOナローはやりたくないですね(笑)

そしてその隣のモジュールのかやぶき屋根にも惹かれました。
P1020429
モジュール同士の風合いも良いですね。
かやぶき屋根は百均の箒だとか ^^;
Oナローは材料費は掛からないけど時間が掛かるとおっしゃっていました。。
あ、あと精神力も ^^;

栂森鉄道さんの2016年モデルのカバンはなかなか立体的でした。
P1020391_2
横から見るのが正しい鑑賞の仕方ですね。
P1020390
こういうの一つ欲しいですよね。。
って、外国帰りに英語勉強しなくちゃみたいに
この時期いつも思うのでした ^^;

これもすばらしかった!
4頓倶楽部の世界は箱の中にありました。
P1020428
昔のTVみたいで、覗き込むと異次元の世界!
空が天球状に作られて、照明もばっちり。
もしかしてプロジェクションマッピング?
夕焼けや夜景、プラネタリウムまで作れそうで、
空に一番感動しました ^^;
(もちろん、つくりが秀逸なのは言うまでもありませんので誤解無く ^^;)
P1020427

16番好きにはこういう景色が楽しみでした。
P1020394
しかし大きいですね!
そしてこの車庫がまたすごいです。
P1020395
この骨組みもすごいですが、
P1020408
なんでこういうのが作れるんですかね?
P1020410
ちなみに私の作る建物は見た目だけです ^^;

そういう意味ではこちらも大好きです。
P1020406
バスがペーパーっぽかった気がしたのですが気のせいでしょうか?
P1020405

トミーテックの発売予定製品も見ました。
P1020431
いいんじゃないですか?
スケールが云々言う人もいますが、私は1/80歓迎です。
というか、どっちでもいいです。
値段次第ですね ^^;

最後は参加したかった自動運転コーナー。。。
P1020389
実に色々な方式が並んで楽しそうでした。
エンドレスじゃなく楽しむにはこの手の仕掛けは楽しいです。

そんなわけで駿遠倶楽部でも自動運転を行ったのですが、
その話はまたの機会に。。。


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年10月 8日 (土)

明日は軽便鉄道模型祭

まだ地味に工作しているのは秘密です ^^;

写真もアップする余裕なし。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 6日 (木)

この期に及んでまだ工作中 ^^;

本当はもっとモジュールを仕上げればよいのですが、
今回は走らないことには意味が無いので電気周りを整備・・・

パワーパックを更に改造
P1020371
電源スイッチを流用しました。
やはり電源スイッチは表にあったほうが安心。。

裏側も
P1020372
端子台を流用。

給電配線を直したり
P1020373

センサ基板をとりあえずケースに入れて、
P1020378

モジュールとは脱着式に
P1020379

あとはケースも、
P1020377
作ったけど蓋まで作る元気が無く ^^;

くるまやさんの新藤枝駅側のセンサ基板もケースに入れなくちゃ。。。
もう少し配線作業かな?


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年10月 2日 (日)

電飾終了!

配線だけのつもりが中継基板を作り出して・・・

更には、抵抗値を変えたり、可変抵抗も入れてみたり・・・
P1020365
万一のためにスイッチによるLED切り離しも・・・
どこかでショートしたときのために。。

さらに、ポリスイッチまで ^^;
P1020366
ケーブルクランプの在庫が無いので配線がテープ貼りです ^^;

電飾は駅まわりだけです。
P1020367

取りつけは結構雑ですが、もうおしまい!
P1020368

追伸

せっかくなので夜景もちょっとだけ。。

P1020370a

もう1枚

P1020369a

夜景は作りが見えないのでいいですね ^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あと少し。。

この期に及んでまだ工作中です ^^;

レール切ったり。
P1020351

木を作ったり。
P1020354

まだ建物作ったり ^^;
P1020357

あとは小物でごまかします。。
P1020361

それから見栄えも。。
P1020362

あとは運搬用ケース作らなくちゃ(涙)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月28日 (水)

こんなもんかな?

きりが無いのでこのあたりで終わりにしようかな?

P1020349

保線小屋というか詰所は作る予定です。
P1020348

空き地は田んぼじゃなくて畑にしました ^^;
P1020350

あとは電飾配線と飾り板つけて電気系統をちょいちょいと。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)