仙北鉄道キハ3

2014年9月27日 (土)

コンデンサ祭り終了

保険のつもりでいろいろコンデンサを用意しましたが、

結局は祭りと言うほど選ぶ前に、一番オーソドックスな物に落ちました。。

 

まずは試行錯誤中の状態 ^^;

P1080777

モータも両極間にコンデンサを追加しています。

そこに無理やりつなげて、容量による違いをみました。

4.7uFより10uFのほうが効果があります。

 

暗くして走っているところは無理でした ^^;

P1080778

 

結局こんなふうに。。。

P1080779

元々付いている0.1uFのコンデンサと並列になるように、

耐圧50Vの10uFのコンデンサを追加しました。

これで、逆方向のライトはかなり光らなくなりました。

(正確にはまだ点灯しているのですが、ほぼわからないです。

 もしかすると光が回り込んでいる可能性もあり。。)

 

と、今回は無理やり対策でおしまいです!

このあと遮光を少しして、あとは妥協の世界です ^^; 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月26日 (金)

コンデンサ祭り!?

ライトちらちら対策で部材を仕入れてきました。

P1080776

若干余計なものも写っていますが ^^;

 

回路設計からだいぶ遠ざかっているので最近の部品事情に疎く

とりあえず買っておけ作戦です。。。

 

軽便鉄道模型祭のまえに、今夜はコンデンサ祭りを少々。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月24日 (水)

LEDが???

忘れ去られそうなライトの点灯化 ^^;

 

まずはライトケースの工作の続きから

P1080762

もう1個も穴をあけました。

光ファイバーが曲がっています。。

P1080763

このままでは大変なので、ドライヤーでのばしました。

P1080764

そして端面をあぶって丸めて

P1080765

ライトケースに通してレンズを接着。

 

一方LEDのほうは

P1080766

ものぐさ半田付 ^^;

ポリウレタン線をねじって被服ごと半田付です。

で、もう一端は・・・

P1080767

なんていうのですかね、ソケットみたいな端子に、

同じくねじって無理やり半田付 ^^;

 

そして、動力と接続!

P1080769

コンデンサの足にさします。

 

と、ここまでは良かったのですが、

試走すると???

P1080768

写真じゃわかりにくいですが、進行方向と逆のLEDもちょろっと光っています ^^;

え?なんで?

私の遠い昔の電気の知識じゃ考えるだけ時間の無駄なので・・・

寝ます。。。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2014年9月 2日 (火)

ライト工作

ちょこっと工作の小ネタ記事が続きます m(__)m

 

昨夜のLED実験結果を元に組み込みを考えます。

まずは、光ファイバーの端を火であぶって広げました。

P1080693_2 写真のファイバーの右側

これで、ライトケースから抜けなくなるのと、発光量の増加を期待しています。

それでは、キハのダミーのライトを剥がして・・・

P1080694

あ、塗装はげた。。

 

補修塗りして寝ます。。。

と思ったのですが、気を取り直して、仮組みというか様子見?

P1080695

まだライトにレンズは入れていません。

上から見ると・・・

P1080697

さほど珍しい手法じゃないです ^^;

やっぱり遮光が鍵ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月31日 (日)

またまたLED

先日買ってきた部品を使って実験です。

P1080691

N用の250Wのライトを光ファイバー(0.75mm)で光らせされないかと。

下準備に、ライトケースに穴をあけます。

0.8mmの予定がドリルの歯が折れて0.9mmになってしまいました ^^;

 

で、レンズを入れて後ろから光ファイバーをさして、

P1080689

光ファイバーの反対側に先日作ったLEDをあてて・・・

写真じゃ良くわかりませんね ^^;

P1080690

明るくは無いですが、何とかなりそうです。

昨年作ったキハ3に組み込もうかと思案中。。。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年10月 5日 (土)

仙北鉄道改め十勝のキハ2に ^^;

結局天気が悪く塗装が途中までとなり1両しかし上がりませんでした。。。

最後は雑な工作です ^^;

とは言え初めての軽便鉄道。

こんなもんですかね。

P1060924

次はもう少しうまく作りたいです。

今回の段取りで気を付けなくてはいけないのは、

・屋根板は外せたほうが良い

・窓ガラスを付けることを考慮して車体裏側を作ったほうが良い

・手すりの接着はいい加減にやると窓を入れる時に後悔する

・カプラーの知識が不足

などなど、すごく基本的なことですけどね。。

 

また、今回はカプラーと動力以外は紙や木、プラ材、真鍮線でしたが、

次は市販パーツを使ってみるのも悪くないかもしれません。

このあたりは予算と時間の兼ね合いと好みでしょうか。

 

今回のはがきシリーズは軽便鉄道の世界の敷居を下げてくれたような気がします。

引きずりこまれた?(笑)

くるまやさんに感謝です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 4日 (金)

仙北鉄道のキハ3を作る(雨で塗装ができない。。)

仕方ないので動力取り付けを先にします。

 

今回は動力をはめ込み式で作ってみました。

P1060921

パチンとはめ込む方式です。

多少ガタがありますが ^^;

P1060919

裏をかえすと・・・

P1060920

現物合わせの雑な工作になっています ^^;

はめ込み式は加工が面倒だということがわかりました。。。

 

しかし塗装ができないとまずいです。。

3日の夜:最終サーフェイサー

4日の朝:ベース色吹付

4日の夜:塗り分け

の予定が狂ってしまう(涙)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 3日 (木)

仙北鉄道のキハ3を作る(うぁ~まにあうか???)

今週末はいよいよ軽便鉄道模型祭

私もお手伝いで参加します!

 

ほぼ毎年楽しみに訪問していた模型祭に出展者側で参加するなんて

思ってもいませんでした。

軽便鉄道のジャンルは見るだけで足を踏み入れていませんでしたが、

レベルが高くて見るたびにため息の出るような模型ばかりで、

東京に出張は行っても遊びには行かない私が唯一おのぼりするイベントでした。

 

そんなディープな世界に引き込んでいただいたのがくるまや軽便鉄道さん

カッティングプロッターsilhouetteCAMEOが縁でした。

なにしろ製作スピードが早いです!

次々と切り出す模型には無限の可能性を感じますね。

そんな、くるまや鉄道さんの作品をぜひご覧いただきたいと思っています。

 

私も店番していますので ^^;

 

で、一方私の工作はというとなんともお恥ずかしく・・・

昨夜は手すりを付けてダウンです ^^;

P1060916

ドアの周りに穴をあけて・・・

P1060917

0.3mmの真鍮線をさして・・・

P1060918

いんちき治具で固定。

何しろ手すりを作ったのはデト以来の2回目 ^^;

すべて現物合わせです。

ピンバスを持つ手が緊張しますね。。

結果、やはり慣れが必要なわけでいくつかいまいちな手すりも。。。

ま、何事も練習ですね。

 

はたして塗装が間に合うのか???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 1日 (火)

仙北鉄道キハ3を作る(2台進行)

先に進めなくてはいけないのですが、

バックアップ機ということで2個進行しています。

P1060914

下のほうが慣れてきています。

少しは上手になってきました。

シルヘッダーもだいぶまっすぐになりました。

P1060915

この後の予定

・屋根の仕上げ

  まだまだサーフェイサーを重ね塗り中。。。

・手すりの取り付け

  これは出来そう。塗装までに必要。

・本塗装

  下地塗装済みなのでまずは白からかな?

・動力の固定

  これは塗装後を予定。

・カプラーの固定

  同上

  あ、ねじ買ってこなくちゃ。

・窓ガラスの取り付け

  同上

・ライトの取り付け

  ダミーのライトを作らねば。。。

・試運転

  ここまで行けば終了。

屋根の仕上げに時間がかかっています。。

本体塗装は夜やりたくないけど早起きはもっといやでして。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年9月30日 (月)

仙北鉄道キハ3を作る(なかなか進まない。。。)

お出かけなんぞしているから進まないのは当然です ^^;

 

急いでバルサで屋根を作り、

P1060901

様子を見てみます。

本当はバルサは使いたくなかったのですが加工のしやすさに負けました。

P1060902

う~ん。。ちょっと屋根が薄い気もしますが良しとしましょう ^^;

(厚いバルサ板がなかったとも言います)

 

次に忘れかけていたシルヘッダー

P1060903

適当に何本も紙を切り出して似たような太さを使います。

で、この貼り付けはやっぱり難しかった。。。

P1060904 失敗ぼでぃーで練習中

それでもやっぱり曲がりました(涙)

瞬間接着剤の練習不足のようです。。

P1060906

これで、1回サーフェイサーを吹く予定です。

 

ところで、塗装色はどうするか?

手持ちのスプレーで失敗ボディに吹いてみました。

案1:タミヤのインターミディエイトブルー(US.NAVY)

P1060908 ちょっと暗いかな?

案2:タミヤのコーラルブルー

P1060909 明るすぎるかな?

どちらも下地処理なしに紙に直接吹いていますので

実際は若干発色が違うかもしれません。

いっそ、仙北鉄道じゃなくて十勝鉄道にしちゃおうかとも ^^;

 

真夜中の庭での塗装は完全に不審者です。気を付けましょう!

 

果たして間に合うのだろうか ^^;

| | コメント (2) | トラックバック (0)