« PHEVのバッテリ容量の備忘録 | トップページ | ボンネットバスの作り方(軽便祭2022モデル) »

2022年9月18日 (日)

芝生の達人を試してみたお話

ちょっと前から買っておいてずっと未開封だった「芝生の達人3」ですが、ついに試しました。

というか使うときが来たとも言います。


でもその前に実験を。

気になっていたのは、

①ボンドってどのくらい塗るの?

②純正素材以外でも使えるのか?

③ボンドはなんでもいける?

です。


③については後日に後回しをして、①と②をテスト。

まずはボンドの塗り具合から

Img_1589

薄目とたっぷり目を塗ってみました。

注意点は、他の芝生装填などの準備が終わってから塗ることですね (^^;

もう一つの実験もかねてやっちゃいます。

今回使ってみたのはこれ。

Img_1594

なぜかというと、純正のものは値段が・・・じゃなくて色が好みじゃなかったんです。

(モーリン大好きというのもあります)

本当はもう少し長いと良いのですが。。

で、早速電極を付けて芝撒き。

Img_1592

ボンドは薄く塗ったところのほうが良くついていますね。。。

それとも電極から遠いほうが良い?

よくわかりませんが、何とかなりそうということです。

Img_1591

でも短いですね。。

Img_1593

いきなりでしたが綺麗に撒けました。

フィルターサイズは「中」が良いようです。

ここでツンツンしちゃうとつぶれちゃうのでしばらく我慢です。


コツは、貧乏性を出さずに素材をたっぷりカップに入れることですね。

撒き終わったら回収してカップの中も掃除機で掃除して終わり。

文明の利器はすごいです。

 

|

« PHEVのバッテリ容量の備忘録 | トップページ | ボンネットバスの作り方(軽便祭2022モデル) »

模型」カテゴリの記事

植物」カテゴリの記事

新藤枝駅を作る」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« PHEVのバッテリ容量の備忘録 | トップページ | ボンネットバスの作り方(軽便祭2022モデル) »