« ファイバー紙ボンネットバスの作り方の補足(追記あり) | トップページ | ファイバー紙ボンネットバスのまとめ »

2021年9月27日 (月)

クリップのお話

ファイバー紙バスを組む際に用意したクリップの話です。

最初はクラフトボンド中心で組んでいたのですが、

ファイバー紙のコシが強くて抑えるものが必要と思って作ったのが

ヒートクリップの改造でした。


一般的にははんだ付けの際に部品にかかる熱を逃がしたりするものですが、

細かいところをつまめそうなので、ファイバー紙の固定に使えないかと思った次第です。

gootなどのクリップは1個150円くらいです。

Img_9560_20210927233701

 

注意点としては、

・ワニぐちになっているギザギザはヤスリで削り落としておく

  じゃないと跡が付きます。。

・削った後の合わせの確認

  フラットな噛み合わせにしないとやっぱり跡が付きます。

  特に普通の紙の場合。

・接着剤をクリップに付けないように

  瞬間接着剤などの場合、はがれなくなります (^^;

  ファイバー紙の場合はまだ良いのですが、普通の紙の場合ダメージが大きいです。

・面を接着する際には使わないほうが良い

  圧力が均一になりませんからね。。

 

 

|

« ファイバー紙ボンネットバスの作り方の補足(追記あり) | トップページ | ファイバー紙ボンネットバスのまとめ »

バス」カテゴリの記事

模型」カテゴリの記事

レーザー加工機」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ファイバー紙ボンネットバスの作り方の補足(追記あり) | トップページ | ファイバー紙ボンネットバスのまとめ »