« 電装系の試作完了 | トップページ | I2Cのお勉強 その2 »

2020年5月20日 (水)

I2Cのお勉強

ここ数日悶々と悩んでいたのがI2Cインタフェース。

(シリアルインターフェースの1種です)

理由は先日の電装システムにLCD画面を付けたくI2Cの実験をしていました。

Img_7188

なにしろ通信なるものが大嫌いで、I2Cの知識が無いところに、

PICとArduinoというどっちのプログラミングもインチキなものをつなごうとするのですから

素人には容易じゃありませんでした。


今回はPICをマスターにしてArduinoをスレーブにしました。

理由はスレーブからマスターへ通知のアクションが取れないから。

マスターがポーリングをかけてスレーブ情報を拾えばよいのでしょうけど、

それはやりたくなかったので。。


それにしてもPICとArduinoのプログラムの差が大きすぎですね。

PICがこまごまと書くのに対してArduinoの簡単なこと。。。


今回の実験はマスターからスレーブ側のLED点灯と、

スレーブ側のスイッチを押してマスター側のLEDを点灯するというものでした。

Photo_20200520200101Arudinoのシリアル表示便利!


ちなみに、非常に簡単なプログラムのはずなのに3日も悩んだ原因は

単にPICのピン設定が1ビットずれていたという、何とも情けない話でした。。

 

でもまあ、そうやって覚えるんですよね (^^;

すぐ忘れちゃうけど。。

 

わかる人にしてみればLEDチカチカレベルの超簡単な話です。

|

« 電装系の試作完了 | トップページ | I2Cのお勉強 その2 »

電子工作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 電装系の試作完了 | トップページ | I2Cのお勉強 その2 »