« 機種変更 | トップページ | 第3回鉄道模型芸術祭 その2 »

2018年3月27日 (火)

第3回鉄道模型芸術祭

模型製作のモチベーションアップという名目で初めて見に行きました。

場所は池袋西口の東京芸術劇場。
Img_3316
桜がきれいです。

この建物、以前から気にはなっていたのですが入るのは初めてでした。
P1040363
中は大きな空間が。。
なにしろ芸術劇場ですから敷居が高かったわけです (^^;

展示は何カ所かに分かれてありまずは地下へ。
オープンスペースではプラレールとレゴブロックが出迎えています。
P1040348
壮観なプラレール!
P1040349
やっぱりプラレールは偉大です。

レゴブロックもなかなかすごいです。
P1040350
ここまで作りこむともはやブロックのおもちゃじゃないですね。
P1040352
P1040353
ポロっと崩れたりしないのでしょうか (^^;

そして展示室へ。
P1040354
小さいながらも雰囲気が良いです。
小さいということはRも小さく、トンネルに入ったとたんにエンドレスになっています。
P1040355
しっかりした情景の中かわいい列車が癒されます。
P1040356
驚きがこの線路。
P1040357
水の中を列車が走っています!
ショートしないのか?と考えてしまいがちですが、
考えてみれば列車に電池を積んでいればできそうです。

そして、この日一番の衝撃!?
P1040358
枯山水のなかを岩が走っています!
このセンスは感動モノでした!
線路の敷き具合もいいんですね。
岩がひょこひょこ動く感じがたまりません。
一応動画もアップしておきます。
「00001_1.mp4」をダウンロード

これもまたセンスですね。
P1040360
情景は本格的に作りこまれていますが、列車と人間はかわいいです。

5Fに移動して。
Img_3317
広い展示室の最初は岩本駅。
P1040364
Nゲージは編成が省スペースでいいですね。。
岩本駅の駅舎は建て替え後のものです。

HO(と書くと怒られる?)だとでかいです (^^;
P1040366

このホームドアシステムも面白かったです。
P1040367
列車が到着するとホームと車両のドアが開き乗客の乗降ができます。
仕組みについては手品のネタのようなものなので割愛します (^^;

とにかく人があふれかえっています。
P1040368

これはNゲージですが情景が素敵でした。
P1040370
私は知らなかったのですが、リニューアルしたものとのこと。
P1040372
色味が昭和っぽくて最高です!
P1040371
どの角度から見ても絵になります。
やっぱりNゲージいいなぁ (^^;

こちらはダイヤ運転。
Img_3323
最初は何をもめているのだろう?と思いましたが理解できました (^^;
机の下にもぐっている指令のかたは大変ですね。。

システムで一番興味のあったのはこれでした。
Img_3327
これを見るとDCCも楽しそうです。
ただ、ここまでシステムを組むというか、ソフト開発のハードルは高いですね。。
線路のセンサーは照度センサを使っているとのこと。
照度センサーの場合、列車と連結部分が交互に反応するので判別処理が難しいとか。
我が家の自動運転もそこが課題で単行専用になっています (^^;

今のご時世なら列車側にRFIDなんでしょうね。

と、ここで休憩。。
つづく。



|

« 機種変更 | トップページ | 第3回鉄道模型芸術祭 その2 »

模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第3回鉄道模型芸術祭:

« 機種変更 | トップページ | 第3回鉄道模型芸術祭 その2 »