« PWMパワーパック Ver2 | トップページ | PWMパワーパック Ver2 その3 »

2017年10月30日 (月)

PWMパワーパック Ver2 その2

MPLAB X IDEの使い方忘れを嘆きつつも、ICを刺して、
P1040132
回路の電源がショートしていないことを再確認。

さらにPICkit3を引っ張り出して、
P1040133
まずは、Ver1のプログラムを書き込んで回路の動作確認してみます。

と、お約束のトラブル(涙)
「PICkit 3 is trying to supply 5.000000 volts from the USB port, but the target VDD is measured to be 4.750000 volts. This could be due to the USB port power capabilities or the target circuitry affecting the measured VDD.

The target circuit may require more power than the debug tool can provide. An external power supply might be necessary.
Connection Failed.」

(以前と開発環境(PC)が違っているのです)

これはUSBポート側の問題か?

ネットであれこれ調べて、
試しにVoltage levelを4.75VにしてみたところProgramming/Verify completeまでいきました。
やはりUSBポートの電源供給が弱いのかな???

Windows10になってUSBポートの見方がわからなく (^^;

眠くなったので動作確認はまた後で。。

|

« PWMパワーパック Ver2 | トップページ | PWMパワーパック Ver2 その3 »

電子工作」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
この現象は「http://ww1.microchip.com/downloads/en/DeviceDoc/ETN32_PICkit_3_Operation_at_Low_Voltage.pdf」でしょうか?
私はこの対策のため、改造した記憶があります。
でもnorigonさんのPICKIT-3は新しいので、無関係化もしれません…

投稿: dwarf | 2017年10月30日 (月) 20時38分

dwarfさんありがとうございます。
困ったときのdwarfさんです (^^;

ちなみに、私のPICkit3は#10-00424-R7でしたので違うようですね。

で、結果的に書き込みはできていました。
その確認に苦労したのはのちほど。。

投稿: norigon | 2017年10月31日 (火) 00時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210530/65979933

この記事へのトラックバック一覧です: PWMパワーパック Ver2 その2:

« PWMパワーパック Ver2 | トップページ | PWMパワーパック Ver2 その3 »