« クモユニのライトの穴を抜く | トップページ | まだまだ箱にならないクモユニ »

2014年5月11日 (日)

屋根を曲げてみたクモユニ

まだ本体の裏から補強はしていないのですが、

屋根を曲げてみました。

 

ペーパールーフは難しいです。。

きれいにR付けられないんですよね。。

特に両肩の部分。

うらから筋をつけておくとかいってもなかなかうまくいきません。。

P1080252

変な折れ癖が見えちゃいます。

 

型紙は車体幅35mmの基準を守るために作成。

P1080253

本当は屋根のRまで型紙でできればよいのですが、

絶対寸法が合わない気がして断念。。

 

そして・・・

P1080254

つい、こうやって妻面つけて眺めちゃうんですよね ^^;

あ、窓枠忘れた。。

P1080255

 

このあとは、裏から補強をして、1回サーフェイサーを軽く吹いてから箱にします。

ドアもつけなくちゃですし。

しばらく紙の枠に入っていてもらいましょう。

 

おまけ

P1080251

実は中高生モデルです。。

部活用らしいく買うときにちょっと恥ずかしかった ^^;

でも、いいんです。所詮趣味のソフトバレーですから。

新しいだけに履き心地は良かったです。

|

« クモユニのライトの穴を抜く | トップページ | まだまだ箱にならないクモユニ »

クモユニ」カテゴリの記事

コメント

屋根の肩の部分は、実物で半径250mmだったと記憶しています。なのでφ3mmの部材で…と思いましたが、これこそシルエットカメオの出番じゃないでしょうか?

投稿: dwarf | 2014年5月11日 (日) 23時03分

形式図から屋根のカーブは割り出せたとしても、肩の曲げのスキルが伴っていないのです。。
うまくいかない原因はルーフ側にはみ出た瞬間接着剤でした。。
ほんと、ペーパールーフは難しいです。。
いよいよ、気に入らなかったら屋根を木にします ^^;

投稿: norigon | 2014年5月11日 (日) 23時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 屋根を曲げてみたクモユニ:

« クモユニのライトの穴を抜く | トップページ | まだまだ箱にならないクモユニ »