2020年1月14日 (火)

たまにはおでかけ

年末からしばらくお出かけしていなかったので。。

栗おこわを食べに。

Img_6321

小布施は閑散としていました。。

おかげで待たずに食べられました。

Img_6323

税込み1,320円。

栗がいっぱい。

お約束コースで

Img_6327

今は経営が民営化された?

でも中は変わらず。

Img_6326

シャインマスカットも売っていましたので購入。

Img_6324

どうみても今の時期じゃないんですけどおいしかった (^^;

おまけで

Img_6320

小布施駅も少々

Img_6329

特急列車を待つほど気が長くないので、

Img_6330

毎度の栗の木テラスでモンブランを買って菅平を通って帰宅。。

雪道は堪能できませんでした。。

| | コメント (2)

2020年1月13日 (月)

キハC3のライト

今一つやり直そうかと思っているのがライト。。

Img_6314

砲弾型ライトを削ってみたもののいまいち綺麗じゃないです。。

ボンド付けで強度がないので裏から真鍮線で支えていますし。

そこで探してきたおわん型ライトの候補がエコーモデルとアルモデル。

エコーモデルのライトは450円とお高いですが、

Img_6315

作りもしっかりして、レンズもついています。

一方、アルモデルは

Img_6316

雰囲気重視でお買い得。

良し悪しではなく好みの問題ですね。

今回はステーが違うけどエコーモデルをおごろうかな。。

Img_6318

| | コメント (0)

2020年1月12日 (日)

ハ114/ハ115 生地完成としよう

ハ115の台車は真鍮のようなのではんだ付けとしました。

Img_6305

表面を磨いて

Img_6308

上下をちょん付け (^^;

それにしても合わせにくい。。

台車を履かせてみて

Img_6309

2両並べて

Img_6310

屋根は後付け(ボンド付け)にします。

Img_6311

そのほうが塗装も内装も楽そうなので。。


次はキハC3含め洗浄して塗装準備です。

Img_6313

| | コメント (0)

ハ115 その2

途中割愛でステップを作成し床板を拡張。

Img_6297

途中割愛で手すりを付けて箱化。

Img_6300

屋根の当たりはOK。

Img_6302

でもまだ屋根はあとにします。

それにしてもハ114キットより古いと思われるハ115キットは部品が微妙に違っていて・・・

Img_6301

台車は位置合わせなしの貼り付けで、ネジもマイナス (^^;

台車の回転止めも無いですね。。

 

| | コメント (0)

2020年1月 8日 (水)

ハ115も着手

こうなると勢いです。

モチベーションの高いうちにどこまでいけるか?

Img_6290

簡単な車両ですからね (^^;

最近やっとはんだ付けの面白さが見えてきました。

それにしても、最初の位置決めは相変わらず苦手でして・・・

Img_6291

特にドア

Img_6292

微妙にずれていますが良しとします (^^;

やっぱりちゃんとしたこて台はいいですね。。

今更ですが。

Img_6289

定番ですね (^^;


今夜はここまで。。

| | コメント (0)

2020年1月 6日 (月)

ハ114 その2

地味に続けています。

ドアステップが深くなった分床板を削って、台車を接着で組み立ててみました。
Img_6282 

手すりをどうしようか写真と側面パーツを見比べていたら・・・

Img_6278

なんと穴あけ位置がありました。

ずれないように注意しながら0.3mmで穴をあけて

Img_6279

こんな感じですかね。

Img_6281

 

手すりを作りますが、これが苦痛・・・

家探ししてRMMのおまけの治具を探し出しました。

一気に2両分作成。

Img_6284

これ便利です。

治具くらい自分で作ればいいのでしょうけど。。


しかし、このペースではいつ完成するか心配になります (^^;

でも今夜はここまで。。

| | コメント (2)

2020年1月 5日 (日)

ハ114も着手

はんだ付け工作熱が冷めないうちにハ114も着手しました。


しかし、このキットシンプルです (^^;

Img_6251

部品も少ない代わりに説明もこれだけです。

でも初心者向けなんでしょうね。。

まずは窓周りから付けましたが、なかなか位置合わせが難しいです。

Img_6266

位置決めしても微妙に窓枠幅がずれたり傾いたりと。。

最後はずれたところは削っちゃいます (^^;

と、ここでステップが気になって中断。

Img_6268

やはり奥まっていないとね。。

ということで加工開始。

Img_6270

ステップの板に1mm角の真鍮材を貼り付けて、

Img_6271

少し奥行きを出しました。

これを貼り付けて

Img_6273

少し良くなったと思うのですが、もう1両あるかと思うと気が遠くなります。。

床板も削らないとだし。。

あ、あと手すり穴もあけないとですね。

軽便祭のキハC3はよくできた板だと感じるこの頃です。。


休みも終わっちゃうなぁ。。

 

| | コメント (2)

2020年1月 4日 (土)

キハC3 生地完成としよう。。

最後に出来そうなディテールということで。。

1mmパイプを使ってと思ったのですが・・・

Img_6257

う~ん。太すぎ?

諦めて1mmパイプの口に0.7mm線を指して

Img_6258

固定はこれを使いました。

Img_6255

ペアーハンズの割ピンは小さくていいですね。

ライトも最後はボンド付けで、

Img_6262

おしまい!

Img_6263

なんだかはんだ付けが怪しい気もしますが、下地処理に移ります。。

ベンチレーターは後でつけるため、今はお試しの1個しかついていません。

| | コメント (0)

2020年1月 2日 (木)

キハC3もうすぐ塗装

エンジン台を作ったところまでは良かったのですが、

ライトやカプラーが無いことからまずは家探し。。

ライト候補発掘。

Img_6225

いまいちお椀っぽいものがない。。

カプラー候補発掘。

Img_6226

サイズ的にはアルモデルかな?


で、ライトの加工から。。

 Img_6227

砲弾型をひたすら削って・・・


エコーの客車タンクを見つけたので、勢いでタンクも。

Img_6229

削りに削って。

Img_6230

雰囲気です (^^;

ところでこれは何のタンク?燃料ですよね?


ここで、やはりエンジン台が気に入らなかったので再作。

Img_6235

今度は差し込み式で。

Img_6236

こんどは収まりも良さそう。

Img_6238_20200102011901

エコーのマフラーを見つけたので、マフラーも付けました。

Img_6240

カプラーは後からつけるとして、ライトをつけたら塗装としたいです。

Img_6243

しかし、ライトは難しい。。。

接着ですね (^^;

本当はラジエターみたいなやつとか、じょうごみたいなやつとかも付けたいところですが。。

 

 

| | コメント (0)

2019年12月30日 (月)

キハC3の下回り

自作しようかと思いましたが、いつになっても完成しないのでアルモデルの動力にします。


台車の組み立ては簡単ですが。。

Img_6204

エンジンを搭載しようとして悩みました。。

どうやってつけるのか謎。

Img_6205

おまけにレールギリギリなのは仕様なのか?

仕方ないので自作します。

Img_6206

上の写真右の台もなんとなくショートしそうなので絶縁紙で (^^;

Img_6207

まあ良しとしましょう。。

エンジンを載せる台も作ってみましたら、

Img_6208

なんと、穴がずれている!

Img_6210

エンジン側の凸を修正して接着。

Img_6211

あとは塗装して貼り付けします。

Img_6212

まだ合わせを見ただけですが、これならクリアランス確保できそうです。

 

| | コメント (0)

キハC3の屋根の続き

まずは貼り合わせから。。

穴位置を基準に木工用ボンドで1枚ずつ。。

Img_6187

貼り合わせたらサーフェイサーを吹いてヤスリ掛け。

Img_6198

なんとなく形になってきました。

Img_6199

更に何度かサーフェイサーを吹いて磨き続けます。。

Img_6200

結局、木を削るのと同じくらい時間がかかりました。。

Img_6201

唯一良い点としては、等高線?があるので形を維持しやすいことでしょうか。。

本体に載せてみると、

Img_6202

大体OKです。

ベンチレーターはくるまやさんの3Dプリント品があったような・・・

 

本体とはボンド付けかな (^^;


次は下回りを。。

 

| | コメント (2)

2019年12月26日 (木)

キハC3の屋根

屋根を作るのですが、木を削るか紙で作るか。。

今回は後者に挑戦。

というのも、木を削るとどうもうまくいかないというか、労力のわりに納得いく形にならないわけで。。


まずは作図。

Yane2

0.5mm厚の紙かファイバー紙を想定。

まずは工作用紙で試作。

Img_6177

これを重ねてみると・・・

Img_6178

横から見ると

Img_6179

まあまあかな?

Img_6180

工作用紙なので若干薄めなので、このまま作るとしたら削るのではなくパテ埋めかな?

いずれにしても今日はここまで。。

| | コメント (0)

2019年12月22日 (日)

キハC3再開の続き

今回は本気です (^^;

はんだ付けの甘さはさておき、進めています。

Img_6156

しかし、帯材の取り付けは苦戦しました。。

Img_6161

結局まる1日かかっています (^^;

なんとか6本を貼り付けて今夜は完了。

Img_6164

なんとなく曲がっているような気もしますがもう無理。。

Img_6165

初めてにしてはまあまあということで。。

このキット、なかなかよく考えられていて組みやすいはずなのですが、

思うようにはいきませんね。

これも経験でしょうか。


次は屋根かな?手すりかな?

 

| | コメント (4)

2019年12月21日 (土)

キハC3再開

最初の記事が4年前。

動力買ったのは1年前。

意を決して今度こそ!

というわけで、ほぼ初めての金属工作の再開です。


まずはおさらいから。。

Img_6147

道具の確認から (^^;

でも心配はなく、フラックスをはじめ、一通りありました。

Img_6148

こんなのまで。。

で早速開始。

Img_6149

恐る恐るはんだ付けすること、今日はここまで。

Img_6150

でもここまでくると箱にしてみたくなり・・・

Img_6151

とりあえず四隅をねじ止めしてみるのでした。

う~ん。はんだ付けも楽しいかも。


おっと!手すりを忘れている!

 

| | コメント (0)

2019年12月11日 (水)

DB602の修理ほぼ完了

厳密にはカプラーがついていませんが、カプラーは何にしようかあとで悩むこととします。。


下回りはかなり適当に作りましたが、

黒く塗っちゃえばわからない・・・ハズ (^^;

Img_6092

確かにボルト表現もわからないかも・・・

Img_6093

念のためにつや消しクリアを吹いておきます。

あとはボディとの結合。

Img_6099

一部われちゃっています。。

ボディ側にM1.4のねじ止め用の板を作成。

Img_6103

う~ん。。これも雑ですね。。

はんだ付けはこの程度のスキルです (^^;

 

でも一応完成!

Img_6106

テスターでショートしていないことを確認して試走。

Img_6105

アルモデルの動力だけあって安定して走りました。

あとはもう少しウェイトを積みたいところですが、いったん終了!


次はまじめに在庫の金属キットを組むかなぁ。。

| | コメント (0)

2019年12月 7日 (土)

車検の備忘録

今回の交換部品の備忘録

まもなく15万キロ。

ここいらで外観も少し直そうということで、

Img_6064

窓下のモール(さびていた)

Img_6065

アンテナ(さけていた)

Img_6062

シフトノブ(皮がぼろぼろだった)

Img_6061

プラグ(かなり消耗)

あと、フロントロアアームあたりのゴムブーツ?ブッシュ?

エアクリーナー

エンジンオイル、ミッションオイル、トランスファーオイル、リアデフオイル


見送りは

Img_6067

オイルシールは様子見

Img_6069

ちょっとぼろっちい。。

あとはフロントガラスかな?

結構はね石の傷がついているので・・・でも確かこれも薄手の特殊だったような。。


古くなって部品が高くなるのは許せるけど、

税金が上がるのだけは納得いかない(怒)

 

 

| | コメント (0)

2019年12月 6日 (金)

KATOのチビ客車動力ユニット

私も買ってみました。


実は旧タイプの11-103と11-104を持っていたので節約のために1個だけ。。

Img_6036旧タイプ

裏書見ると見慣れない文章が・・・

Img_6047

それはともかく、持った感じが違うので重量測定。

旧タイプは17g

Img_6049

一方、新タイプは24g

Img_6050

ウェイトが効いていますね。

Img_6048

見た目もあか抜けた?

カプラーもしっかりしています。


そして実際に走らせてみると歴然の差でした。

かなり低電流で動き出します!

それも滑らかで静か。

値段が上がったのには理由があるようですね。

(といってもトミーテックの動力より安いですが)

みなさんが猫屋線に組み込む理由がわかりました。

すごいなぁMade in Japan。。

 

| | コメント (0)

2019年12月 2日 (月)

DB602の下回り修理 その4

ちょっと悩みましたが力業に走りました。

Img_6019

ボンド付け (^^;

動力の枠も少し加工して干渉を避け、

Img_6018

エアタンクも適当につけて、

Img_6020

ファイバー紙の排障器も貼り付けて、

こんなもんかな。

 

Img_6024

あと、ステップとマフラーを作らなくては。。


そしてお遊びタイム。

Img_6026

排障器が少し低かったかも。。

| | コメント (2)

2019年11月24日 (日)

DB602の下回り修理 その3

さらに続き。

裏から0.3mm真鍮線を通して、表に0.3mm厚の赤いファイバー紙治具を。

Img_5988

裏はボンドで固定。

Img_5992

表の真鍮線を長さをそろえてカットして、ヤスリで面と合わせて、

Img_5989

赤い紙を剥がすと、 高さのそろったボルトが出来るはず。

Img_5990

成功!

だと思う (^^;


でも、もう少し真鍮線は飛び出ていても良かったかも。。

 



PS.

真鍮板切り出しましたよ。。

Img_5993_20191125012101

こういう金属工作は苦手なんです (^^;

多分工具がそろっていないので疲れる?

でも完成すれば、3Dプリント+金属+ペーパーのハイブリッド模型ですね。

| | コメント (0)

DB602の下回り修理 その2

続きです。

床板の高さを見るために仮置きしてみました。

Img_5980

くるまやさんオリジナルからは1mmくらい下がっていますが許容範囲かな。。

ただ、連結面は考えなしで作ると失敗するわけで。。

Img_5981

ボルトのほうが先でした (^^;

更に言うと、ファイバー紙の場合は先に表面を磨いていたほうが良いようです。


というわけで何回目かのやり直し。

Img_5985

今回は0.3mm厚のファイバー紙(赤いほう)もカットして治具にしてみます。

ボンドで貼り合わせたあとで0.3mmの真鍮線を植えますが、

こういうのは面倒ですね。。

今回は裏からコの字にして刺してボンド止めしてみます。

Img_5986(裏側)

この後、0.3mm厚の赤い治具を当てて長さをそろえて先端をヤスリ掛けする作戦です。

ファイバー紙は固いので、レーザー加工向きですね。(カッターじゃ切れないとも。。)

| | コメント (0)

DB602の下回り修理

ずっとほったらかししていた工作の再開です (^^;

以前、アルパワーN16が使えそうというところまでで止まっていました。

動力だけ入れれば良いわけではなく、下回りを作り直さないといけないのでついつい。。
Img_5972

今回はレーザーカットで前後の面を作ってみます。

試作その1

Img_5974

軽く失敗 (^^;

試作その2

Img_5976

Img_5977

やはりいまいち。。

3度目の正直で

Img_5979 

何とかなりそうな予感。。

| | コメント (2)

2019年11月17日 (日)

パワーパック完成!

若干の配線を行って、動作確認しました。


まずはマニュアルモード。

普通のパワーパック状態です。

Img_5951

OK!

次にAUTOモード(赤外線コントロールモード)

自動運転や、寝っ転がって遊ぶ用です (^^;

Img_5952

OK!


そして、今回新しく設けた外部赤外線受信。

必ずしも赤外線が届くとは限らないので保険みたいなものです。

Img_5950

これを使ってみました。

Img_5953

OK!

使えいそうです。


最後にモード2(2台の赤外線パワーパックを使うことを想定しています)

Img_5954

これもOK!

PICKit3の接続は試していませんが、良しとしましょう。


というわけで長い道のりだったなぁ。。

構想から何年かかったんだろう (^^;


でもまだリモコンがインチキすぎますので、次はリモコンの「美化」に取り組みます。

 

| | コメント (0)

2019年11月16日 (土)

車の掃除と修理

長年の課題の一つ?

アウトランダーPHEVのテールライトの汚れ掃除の備忘録です。


設計が悪いとしか言いようがないのですが、

ライト周囲の内側に汚れがたまって汚いのなんの。。

なので、意を決して分解。。

Img_5942

ねじ2本を外して後ろにまっすぐ引っ張ります。

これがなかなか抜けないのですが、引っ張りすぎるとケーブルが切れます (^^;

外してみると・・・

Img_5940

この汚れ。。

Img_5939_20191116171601

水が溜まって汚れちゃうんですね。

汚れるのは仕方ないにしても掃除できるようにしてほしかったです。

歯ブラシや厚紙などで汚れをかき出して

Img_5941

終了!

やっときれいになりました。


余談ですが、ランサーのクロックスプリング。

Img_5946

断線したので交換しました。

ハンドルのところのエアバッグへの配線用ですが、車検が近いので仕方なく交換。。

これも高い部品です。。約16千円。

Img_5947

あ、一応エアバッグついていますから (^^;

| | コメント (0)

2019年11月12日 (火)

電飾の季節2019

今年も残りわずか。。

そんな季節が来ちゃいました。

Img_0765

まだそんなに寒くはありませんでしたが。。

Img_5912

例のホテルの模型はレイアウトから大きく変わっていました。

Img_0762

豪華な感じには変わりありませんが、

Img_0763 

今年は半そでの女性がいませんでした!

Img_0764

 

| | コメント (0)

2019年11月11日 (月)

パワーパックほぼ完成

我が家のいんちきパワーパックですが、なんとか形になりました。

これで、基板むき出し展示しなくて済みそうです (^^;


しかし、久しぶりのケース工作は大変でした。。

一番大変なのはLCD部分のくりぬき。

 

Img_5891

ざっくり切ったらひどいものです (^^;

金属加工のセンスは無いですね。。

そしてその固定も悩んだ挙句・・・

Img_5897

パッチンにしました。

Img_5895

大丈夫でしょう。。

一通り穴を開けて

Img_5892まだ工作用紙が貼ってあります。

内部配線して、ファイバー紙のパネルを貼って完成!

こうすれば少々ケースがきれいに加工できなくてもOKなわけで (^^;

Img_5898

(ファイバー紙はコーティングしたほうが良いかもです。)
つまみは手元にあった仮のものです。

後面はひたすら穴あけでした。

Img_5899

PICkit用の端子もつけてみました。(まだ未接続だけど)

レールにつなぐ端子はスピーカー用だから少々不安ですが。。


もう1個作るのはかなり面倒だなぁ。。。

 

| | コメント (2)

2019年11月 5日 (火)

ファイバー紙のカットの備忘録

素材はオヤイデ電気のこれ

https://oyaide.com/catalog/products/akafai0-5a4.html

(0.5mm厚グレーのタイプ)

Img_5872

どれがなんの厚さだかわからなくなってきた。。

左から0.5、0.8、0.35、0.4mmだと思うが、

マイクロメーター持っていないので多分。。

 

我が家の4WのPodeaの場合、

 彫刻は

  彫刻パワー100%

  彫刻速度1cm/s

  解像度2step

  繰り返し1回

 でやると彫刻し過ぎで透けちゃいました。。

 一部は完全に穴開いちゃった。。

Img_5874裏から見ると・・・
(追伸)彫刻速度を2倍にするといまいち弱かった(涙)
(追伸2)彫刻速度を戻して出力を90%にしてみても焼け落ちちゃうことが判明
     結局はフォントの太さが影響。。。
     なかなか難しい。。

 切断は

  切断パワー100%

  切断速度2mm/s

  繰り返し1回

 で問題なし。

(もう少し早くしてもOKかも)

Img_5871

ファイバー紙は、若干カールがあるので完全切り抜きしちゃうと

先に彫刻している場合はずれる可能性があるので要注意。。

というか、手抜きしない (^^;

(手抜きしないとは、作図の時切り落とさない部分を作るとか、

 レーザー加工機にセットする際にちゃんとマスキングテープで固定するとか。。)


Img_5873

これを、いんちきパワーパックのパネル代わりにしようという作戦です。。

(追伸)カットしてみてわかったことですが、ファイバー紙は焦げにくいようで、

    紙や木と違って断面が比較的きれいかも。。

 

ファイバー紙は保管に注意しましょう。。

袋に入れてフラットにしておくのが良いかと。

 

| | コメント (0)

2019年11月 2日 (土)

M5StickVを買ってみた話

7月ごろ国内販売になったときには手に入らず、9月に入手しましたが、

軽便祭やなんやらで、ずっとほったらかしになっていたので、開けてみました。

Img_5848

小さいです!

上の写真で見えているのはカメラとLEDライト。

カメラはピント合わせが必要です。


起動画面

Img_5845

ピーン!って音がして起動します。

値段は3000円ちょっと。

機能はマイクがバグで使えない以外色々ついています。

Img_5849

もっぱらAI学習用途のようで、購入時は顔認識のプログラムが入っていました。

Img_5847

でも軽く誤認識。。。


何に使うか?

これから考えます (^^;

一つあるのは脱線監視(笑)

使いこなすスキルが無いとも言いますけどね。。

12月ごろにはWi-Fi機能の付いたバージョンアップ版も出るとのこと。
これからはこういうのが子供のおもちゃになるのかと思うと、すごい時代になったもんです。。

| | コメント (2)

中敷きの備忘録

唯一運動しているものがあり、それがソフトバレーボールです。

もう10年以上やっていますが、シューズの中敷きがボロボロなので交換してみました。

シューズ自体はいつ買ったか覚えていないです。。


で、中敷き自体は1500円ほど。
Img_5842

汚くてすみません。。。


サイズに合わせてカット。

Img_5843

ちゃんとカットラインが貼ってあるので便利でした。

そして完成。

Img_5844

 

シューズ自体消耗品だろ?買い替えろよ、という話もありますが。。。


運動・健康カテゴリーを新規追加。。

| | コメント (0)

2019年10月22日 (火)

挿し木のリベンジ

趣味の園芸?での挿し木ですが、

成功したのですが、失敗しました。。


これは植えた時の画像ですが、

 

Img_5188_20191022211401

まず、この3本はもともとは1本で、上中下に分けて挿し木してみました。

さて、根が付いたのはどれでしょう?



答えは・・・一番左でした。←文字が白です

2か月近く放置したこともあって5センチ以上の根がかなり出ていました。

で、失敗したのはそのあと。。

植え替えたら枯れました(涙)


というわけで今回のリベンジなわけです。

Img_5788

季節的には少し遅いのですが、数で勝負です!

水切りして発根剤を塗って、プランターも1個追加し、今回はかなりの密集状態です。

Img_5795

微妙に土を変えてみたりもしています。

最後は簡易プランター (^^;

Img_5794

#一応、底に穴を開けています。。


約40本体制でのリベンジですが何本根付くでしょうか。。。


おまけ。

Img_5792

白メダカはこれが最後の孵化かな?

こちらも今年約30匹増殖。

孵化自体は倍くらいありましたが。。。

 

| | コメント (0)

2019年10月 9日 (水)

パワーパックケース

先日から若干の変更を経てまずは工作用紙にお試し彫刻&カットしてみます。

 

Img_5755

まずは文字の分を書いてから、カットすることで寸法の様子を見ます。

こんな感じ。

Img_5756

穴あけのめやすにもなります。

背面は、

Img_5757

あ、メインスイッチがない (^^;

 

| | コメント (2)

«モチベーションのあるうちに・・・