2019年12月11日 (水)

DB602の修理ほぼ完了

厳密にはカプラーがついていませんが、カプラーは何にしようかあとで悩むこととします。。


下回りはかなり適当に作りましたが、

黒く塗っちゃえばわからない・・・ハズ (^^;

Img_6092

確かにボルト表現もわからないかも・・・

Img_6093

念のためにつや消しクリアを吹いておきます。

あとはボディとの結合。

Img_6099

一部われちゃっています。。

ボディ側にM1.4のねじ止め用の板を作成。

Img_6103

う~ん。。これも雑ですね。。

はんだ付けはこの程度のスキルです (^^;

 

でも一応完成!

Img_6106

テスターでショートしていないことを確認して試走。

Img_6105

アルモデルの動力だけあって安定して走りました。

あとはもう少しウェイトを積みたいところですが、いったん終了!


次はまじめに在庫の金属キットを組むかなぁ。。

| | コメント (0)

2019年12月 7日 (土)

車検の備忘録

今回の交換部品の備忘録

まもなく15万キロ。

ここいらで外観も少し直そうということで、

Img_6064

窓下のモール(さびていた)

Img_6065

アンテナ(さけていた)

Img_6062

シフトノブ(皮がぼろぼろだった)

Img_6061

プラグ(かなり消耗)

あと、フロントロアアームあたりのゴムブーツ?ブッシュ?

エアクリーナー

エンジンオイル、ミッションオイル、トランスファーオイル、リアデフオイル


見送りは

Img_6067

オイルシールは様子見

Img_6069

ちょっとぼろっちい。。

あとはフロントガラスかな?

結構はね石の傷がついているので・・・でも確かこれも薄手の特殊だったような。。


古くなって部品が高くなるのは許せるけど、

税金が上がるのだけは納得いかない(怒)

 

 

| | コメント (0)

2019年12月 6日 (金)

KATOのチビ客車動力ユニット

私も買ってみました。


実は旧タイプの11-103と11-104を持っていたので節約のために1個だけ。。

Img_6036旧タイプ

裏書見ると見慣れない文章が・・・

Img_6047

それはともかく、持った感じが違うので重量測定。

旧タイプは17g

Img_6049

一方、新タイプは24g

Img_6050

ウェイトが効いていますね。

Img_6048

見た目もあか抜けた?

カプラーもしっかりしています。


そして実際に走らせてみると歴然の差でした。

かなり低電流で動き出します!

それも滑らかで静か。

値段が上がったのには理由があるようですね。

(といってもトミーテックの動力より安いですが)

みなさんが猫屋線に組み込む理由がわかりました。

すごいなぁMade in Japan。。

 

| | コメント (0)

2019年12月 2日 (月)

DB602の下回り修理 その4

ちょっと悩みましたが力業に走りました。

Img_6019

ボンド付け (^^;

動力の枠も少し加工して干渉を避け、

Img_6018

エアタンクも適当につけて、

Img_6020

ファイバー紙の排障器も貼り付けて、

こんなもんかな。

 

Img_6024

あと、ステップとマフラーを作らなくては。。


そしてお遊びタイム。

Img_6026

排障器が少し低かったかも。。

| | コメント (2)

2019年11月24日 (日)

DB602の下回り修理 その3

さらに続き。

裏から0.3mm真鍮線を通して、表に0.3mm厚の赤いファイバー紙治具を。

Img_5988

裏はボンドで固定。

Img_5992

表の真鍮線を長さをそろえてカットして、ヤスリで面と合わせて、

Img_5989

赤い紙を剥がすと、 高さのそろったボルトが出来るはず。

Img_5990

成功!

だと思う (^^;


でも、もう少し真鍮線は飛び出ていても良かったかも。。

 



PS.

真鍮板切り出しましたよ。。

Img_5993_20191125012101

こういう金属工作は苦手なんです (^^;

多分工具がそろっていないので疲れる?

でも完成すれば、3Dプリント+金属+ペーパーのハイブリッド模型ですね。

| | コメント (0)

DB602の下回り修理 その2

続きです。

床板の高さを見るために仮置きしてみました。

Img_5980

くるまやさんオリジナルからは1mmくらい下がっていますが許容範囲かな。。

ただ、連結面は考えなしで作ると失敗するわけで。。

Img_5981

ボルトのほうが先でした (^^;

更に言うと、ファイバー紙の場合は先に表面を磨いていたほうが良いようです。


というわけで何回目かのやり直し。

Img_5985

今回は0.3mm厚のファイバー紙(赤いほう)もカットして治具にしてみます。

ボンドで貼り合わせたあとで0.3mmの真鍮線を植えますが、

こういうのは面倒ですね。。

今回は裏からコの字にして刺してボンド止めしてみます。

Img_5986(裏側)

この後、0.3mm厚の赤い治具を当てて長さをそろえて先端をヤスリ掛けする作戦です。

ファイバー紙は固いので、レーザー加工向きですね。(カッターじゃ切れないとも。。)

| | コメント (0)

DB602の下回り修理

ずっとほったらかししていた工作の再開です (^^;

以前、アルパワーN16が使えそうというところまでで止まっていました。

動力だけ入れれば良いわけではなく、下回りを作り直さないといけないのでついつい。。
Img_5972

今回はレーザーカットで前後の面を作ってみます。

試作その1

Img_5974

軽く失敗 (^^;

試作その2

Img_5976

Img_5977

やはりいまいち。。

3度目の正直で

Img_5979 

何とかなりそうな予感。。

| | コメント (2)

2019年11月17日 (日)

パワーパック完成!

若干の配線を行って、動作確認しました。


まずはマニュアルモード。

普通のパワーパック状態です。

Img_5951

OK!

次にAUTOモード(赤外線コントロールモード)

自動運転や、寝っ転がって遊ぶ用です (^^;

Img_5952

OK!


そして、今回新しく設けた外部赤外線受信。

必ずしも赤外線が届くとは限らないので保険みたいなものです。

Img_5950

これを使ってみました。

Img_5953

OK!

使えいそうです。


最後にモード2(2台の赤外線パワーパックを使うことを想定しています)

Img_5954

これもOK!

PICKit3の接続は試していませんが、良しとしましょう。


というわけで長い道のりだったなぁ。。

構想から何年かかったんだろう (^^;


でもまだリモコンがインチキすぎますので、次はリモコンの「美化」に取り組みます。

 

| | コメント (0)

2019年11月16日 (土)

車の掃除と修理

長年の課題の一つ?

アウトランダーPHEVのテールライトの汚れ掃除の備忘録です。


設計が悪いとしか言いようがないのですが、

ライト周囲の内側に汚れがたまって汚いのなんの。。

なので、意を決して分解。。

Img_5942

ねじ2本を外して後ろにまっすぐ引っ張ります。

これがなかなか抜けないのですが、引っ張りすぎるとケーブルが切れます (^^;

外してみると・・・

Img_5940

この汚れ。。

Img_5939_20191116171601

水が溜まって汚れちゃうんですね。

汚れるのは仕方ないにしても掃除できるようにしてほしかったです。

歯ブラシや厚紙などで汚れをかき出して

Img_5941

終了!

やっときれいになりました。


余談ですが、ランサーのクロックスプリング。

Img_5946

断線したので交換しました。

ハンドルのところのエアバッグへの配線用ですが、車検が近いので仕方なく交換。。

これも高い部品です。。約16千円。

Img_5947

あ、一応エアバッグついていますから (^^;

| | コメント (0)

2019年11月12日 (火)

電飾の季節2019

今年も残りわずか。。

そんな季節が来ちゃいました。

Img_0765

まだそんなに寒くはありませんでしたが。。

Img_5912

例のホテルの模型はレイアウトから大きく変わっていました。

Img_0762

豪華な感じには変わりありませんが、

Img_0763 

今年は半そでの女性がいませんでした!

Img_0764

 

| | コメント (0)

2019年11月11日 (月)

パワーパックほぼ完成

我が家のいんちきパワーパックですが、なんとか形になりました。

これで、基板むき出し展示しなくて済みそうです (^^;


しかし、久しぶりのケース工作は大変でした。。

一番大変なのはLCD部分のくりぬき。

 

Img_5891

ざっくり切ったらひどいものです (^^;

金属加工のセンスは無いですね。。

そしてその固定も悩んだ挙句・・・

Img_5897

パッチンにしました。

Img_5895

大丈夫でしょう。。

一通り穴を開けて

Img_5892まだ工作用紙が貼ってあります。

内部配線して、ファイバー紙のパネルを貼って完成!

こうすれば少々ケースがきれいに加工できなくてもOKなわけで (^^;

Img_5898

(ファイバー紙はコーティングしたほうが良いかもです。)
つまみは手元にあった仮のものです。

後面はひたすら穴あけでした。

Img_5899

PICkit用の端子もつけてみました。(まだ未接続だけど)

レールにつなぐ端子はスピーカー用だから少々不安ですが。。


もう1個作るのはかなり面倒だなぁ。。。

 

| | コメント (2)

2019年11月 5日 (火)

ファイバー紙のカットの備忘録

素材はオヤイデ電気のこれ

https://oyaide.com/catalog/products/akafai0-5a4.html

(0.5mm厚グレーのタイプ)

Img_5872

どれがなんの厚さだかわからなくなってきた。。

左から0.5、0.8、0.35、0.4mmだと思うが、

マイクロメーター持っていないので多分。。

 

我が家の4WのPodeaの場合、

 彫刻は

  彫刻パワー100%

  彫刻速度1cm/s

  解像度2step

  繰り返し1回

 でやると彫刻し過ぎで透けちゃいました。。

 一部は完全に穴開いちゃった。。

Img_5874裏から見ると・・・
(追伸)彫刻速度を2倍にするといまいち弱かった(涙)
(追伸2)彫刻速度を戻して出力を90%にしてみても焼け落ちちゃうことが判明
     結局はフォントの太さが影響。。。
     なかなか難しい。。

 切断は

  切断パワー100%

  切断速度2mm/s

  繰り返し1回

 で問題なし。

(もう少し早くしてもOKかも)

Img_5871

ファイバー紙は、若干カールがあるので完全切り抜きしちゃうと

先に彫刻している場合はずれる可能性があるので要注意。。

というか、手抜きしない (^^;

(手抜きしないとは、作図の時切り落とさない部分を作るとか、

 レーザー加工機にセットする際にちゃんとマスキングテープで固定するとか。。)


Img_5873

これを、いんちきパワーパックのパネル代わりにしようという作戦です。。

(追伸)カットしてみてわかったことですが、ファイバー紙は焦げにくいようで、

    紙や木と違って断面が比較的きれいかも。。

 

ファイバー紙は保管に注意しましょう。。

袋に入れてフラットにしておくのが良いかと。

 

| | コメント (0)

2019年11月 2日 (土)

M5StickVを買ってみた話

7月ごろ国内販売になったときには手に入らず、9月に入手しましたが、

軽便祭やなんやらで、ずっとほったらかしになっていたので、開けてみました。

Img_5848

小さいです!

上の写真で見えているのはカメラとLEDライト。

カメラはピント合わせが必要です。


起動画面

Img_5845

ピーン!って音がして起動します。

値段は3000円ちょっと。

機能はマイクがバグで使えない以外色々ついています。

Img_5849

もっぱらAI学習用途のようで、購入時は顔認識のプログラムが入っていました。

Img_5847

でも軽く誤認識。。。


何に使うか?

これから考えます (^^;

一つあるのは脱線監視(笑)

使いこなすスキルが無いとも言いますけどね。。

12月ごろにはWi-Fi機能の付いたバージョンアップ版も出るとのこと。
これからはこういうのが子供のおもちゃになるのかと思うと、すごい時代になったもんです。。

| | コメント (2)

中敷きの備忘録

唯一運動しているものがあり、それがソフトバレーボールです。

もう10年以上やっていますが、シューズの中敷きがボロボロなので交換してみました。

シューズ自体はいつ買ったか覚えていないです。。


で、中敷き自体は1500円ほど。
Img_5842

汚くてすみません。。。


サイズに合わせてカット。

Img_5843

ちゃんとカットラインが貼ってあるので便利でした。

そして完成。

Img_5844

 

シューズ自体消耗品だろ?買い替えろよ、という話もありますが。。。


運動・健康カテゴリーを新規追加。。

| | コメント (0)

2019年10月22日 (火)

挿し木のリベンジ

趣味の園芸?での挿し木ですが、

成功したのですが、失敗しました。。


これは植えた時の画像ですが、

 

Img_5188_20191022211401

まず、この3本はもともとは1本で、上中下に分けて挿し木してみました。

さて、根が付いたのはどれでしょう?



答えは・・・一番左でした。←文字が白です

2か月近く放置したこともあって5センチ以上の根がかなり出ていました。

で、失敗したのはそのあと。。

植え替えたら枯れました(涙)


というわけで今回のリベンジなわけです。

Img_5788

季節的には少し遅いのですが、数で勝負です!

水切りして発根剤を塗って、プランターも1個追加し、今回はかなりの密集状態です。

Img_5795

微妙に土を変えてみたりもしています。

最後は簡易プランター (^^;

Img_5794

#一応、底に穴を開けています。。


約40本体制でのリベンジですが何本根付くでしょうか。。。


おまけ。

Img_5792

白メダカはこれが最後の孵化かな?

こちらも今年約30匹増殖。

孵化自体は倍くらいありましたが。。。

 

| | コメント (0)

2019年10月 9日 (水)

パワーパックケース

先日から若干の変更を経てまずは工作用紙にお試し彫刻&カットしてみます。

 

Img_5755

まずは文字の分を書いてから、カットすることで寸法の様子を見ます。

こんな感じ。

Img_5756

穴あけのめやすにもなります。

背面は、

Img_5757

あ、メインスイッチがない (^^;

 

| | コメント (2)

2019年10月 7日 (月)

モチベーションのあるうちに・・・

軽便祭の余韻でモチベーションの高いうちに工作を。。

と言っても大したものじゃないですが。


1年ほど前に作ったいんちきパワーパックが、

去年に続いて今年もケースがないままだったことを反省。。

Img_5753

タカチのアルミケースでかっこよく決めたいものです。

でもその前に配置や穴あけ位置を考えねば、ということで検討資料を作成。

Photo_20191007012701

上面と背面はこんな感じかな?

問題はきれいに穴をあけられるかです。

あとはレタリング。。

これが昔から苦手というか嫌いなんですよね。。


寝よう (^^;

 

 

| | コメント (0)

2019年10月 2日 (水)

第15回軽便鉄道模型祭 その3

見学編の続きです。

あれ?みのるさんの写真がない!

霜内石灰軌道は昨年も見ていたので下内町営軌道の写真を撮ったはずだったのですが。。

見とれていたということにしてください (^^;


栂森鉄道さんは駅舎作りを無事時間内に完成させていました。

Img_5734_20191002210101

こういうのも面白いかもしれません。

そもそも軽便模型祭に行くきっかけは、どうやって作っているのかという興味が最初でしたし。。


KBMCのモジュールはどれも素晴らしいのですが、

あ!これ欲しい!と思ったモジュールがこれでした (^^;
Img_5726_20191002210101

以前、大手線の瀬戸川橋を作ったのですがいまいち満足できなかったもので。。


礦林會のサイズは圧巻です。年々密度が濃くなっているような気がします。
Img_5717_20191002210101

運ぶのは大変そうですが、これだけ大きいと見やすいですね。

Img_5706_20191002210101

四噸☆倶楽部のこの収納タイプは惹かれます。。

Img_5731_20191002210401

一つ欲しいです (^^;

Img_5732_20191002210401

流し撮り成功?


最後に駿遠倶楽部メンバーから

くるまや軽便さんは朝から蛍の光でどうしたのかと思ったら廃線最終日の再現でした。

Img_5714
今回はDCとDCCの両刀使いで編成運転をしていました。

内側からの写真も1枚。

Img_5713

Tさんの車両は人形満載で軽便車両の狭さを再現していました。

Img_5725

新作モジュールの踏切の可動は断念したとのことでした。

Img_5686

Yさんは今年も大手線に乗り入れてくれました。

Img_5729

後ろの客車はペーパーのショーティーだそうです。

私のひどい線路を脱線せずに往復できたのはうれしかったです。

よ~めいさんは栃尾線の貨物を乗り入れていました。

Img_5723

相変わらずきれいな作りです!


最後に話題の?プラレールです。

Img_5733

2列車交換、先を越されてしまいました (^^;

この自動ターンテーブルもすごいです。

セットの限定品だそうです。

私も自動ターンテーブル作ってみたいです。。

侵入すると通電を切って回転し、通電を逆転して戻っていくみたいな。。



他にも色々あったのですが、紹介しきれませんね。

本当にお疲れさまでした!

Img_5653

PS.

買い物編はありません (^^;

| | コメント (0)

第15回軽便鉄道模型祭 その2

その2は見学編です。


まずはArduinoで楽しむ鉄道模型に出会えました。

この本、内容が易しく書いてあり参考になります。

特にこの踏切いいですね!

Img_5694

本ではわからない滑らかさでした。

メカとエレキとプログラムが一体になって初めて物ができるんですよね。。

あとセンスか (^^;

 

次はArduinoつながり?で磯野さん

Img_5704_20191002001201

あのレイアウトをまたみられるとは思いませんでした!

この角度いいですね~

そしてもう一つがArduinoを使った可動橋?というのでしょうか?

Img_5701_20191002001201

サーボモーター直結で実に滑らかに動かしていました。

信号もついて見ていて楽しいです。

Img_5703_20191002001201

反対側には駅がありました。

Img_5700_20191002001201

来年もぜひ見たいものです。

今回のベスト田んぼ賞?と勝手に思っているのがニンニンさんのモジュールです。

Img_5693_20191002002701

この密度がいいですね。

Img_5692

田んぼは挑戦してみたいのですが躊躇しちゃうんですよ。。

 

ずっと5Fにいたので4Fを見逃すところでした。

Img_5711_20191002003501

今年のシェフのレイアウトは結構なサイズでした。

Img_5712_20191002003501

この色味も好みです。


4Fと言えばもう一つ

Img_5710_20191002004201

毎年楽しみなのが猫屋線ですね。

今年はついに電化。

Img_5707_20191002004201

お手軽感が好きです。

Img_5708_20191002004201

Img_5709_20191002004201

毎年の楽しみになっています。


5Fに戻って、

そういえば今回は女子高生も参加していました。

 Img_5672_20191002004701

斬新というか哲学的というか、

Img_5673_20191002004701

芸術なのかもしれません。

おじさんにはおおよそ想像もできない作品は来年も楽しみです。

 

と、ここで眠くなってきたのでまた後程。。。

 

 

| | コメント (0)

2019年10月 1日 (火)

第15回軽便鉄道模型祭 その1

今年も模型祭が終わりました。

ご来場の皆様、スタッフの皆様、出展者の皆様、そして倶楽部の皆様ありがとうございました。


毎度の言い訳からですが、

今年も仕事が忙しく、一時は断念しかけましたがなんとか出展できました。

Img_5698


今回は大手線の完成を目指して、新藤枝駅を作りました。

と言いましても新藤枝駅は広大ですので大手線ホームを中心にかなりデフォルメしています。

本当はもう少し広げたいのですがそれはまたの機会に・・・

(一応ポイント切り替えのためのサーボモーターは組み込み済み)

それにしても駅ばかりで不自然ですね (^^;

でもこの駅がないと自動運転の折り返しができないんです。


新藤枝駅の駅舎はくるまや軽便さんのデータを元に工作用紙で作りました。

Img_5737

(モジュールに収まらないのでカットモデルになっています)

電飾はボロが出ないように最小限に。。

Img_5649

と以上が今回作成したモジュールでしたがもう一つありました。

唯一の情景モジュールなのですが諸般の事情?でかなり手を抜いてしまいすみませんでした。。

Img_5688

この草原はご存じの通り百円ショップのセリアのモスマット10枚です (^^;

そのままではぶ厚いので、裏のスポンジを剥がして貼り付けます。

Img_5637_20191001224201

また、そのままでは色味がギラギラしていますので濃い目のグリーンを吹いています。


実際の運転のほうは色々課題が見つかっちゃいました。

Img_5674

一番の課題はいんちきパワーパックの赤外線処理の手抜きが露見したようで、例外発生やリブートなど多発。。

でもまあ、これは運用でカバーすることとします。

それよりケースに入れないとですよね (^^;


色々ありましたがこれで当方の目指す、

・エンドレスじゃないレイアウト

・往復自動運転

・リモコン操作

・システムの自作

の大枠が出来たわけで、これからは機能の拡張を楽しみたいと思います。

 

PS.

何名の方からどんなプログラム?と聞かれましたが、

ソース開示するのは恥ずかしいので自粛します。。

ほんと、高度なことはしておりませんので。。

今ならArduinoなんかで作るのが楽そうですね。

いきなり大きなシステムを作るのは難しいですが、

マイコンを複数使って小さいプログラムにすれば何とかなるものです。

| | コメント (0)

2019年9月23日 (月)

今週末は軽便鉄道模型祭!

いよいよ今週末は軽便鉄道模型祭です。

でも相変わらず今年もまだ作って・・・以下自粛


雰囲気としては、

Img_5624

こんな感じで、

Img_5625

こんなホームです。

大手線シリーズを完結させるにはどうしても必要な新藤枝駅です。

続きは模型祭で (^^;


閑話休題

レール曲げるのって、なめていました (^^;

ペンチで曲げればいいんだろう程度でやってみたら曲がらない。。。

Img_5627

こりゃ無理だというわけでまじめに切り欠きを付けました。

Img_5628

で、やっと下の写真の左のレベルまで。。

Img_5629

う~ん。。意外とめんどう。。。

何を今更と言われそうですね。

| | コメント (0)

2019年9月 8日 (日)

ホームの続きの続きの続き

今回の新藤枝駅のホームの屋根はスレートをイメージして、

波板ではなく段ボールを使いました。

正確にはレモン画翠で購入したウルトラボブというものです。

(スーパーボブより波が細かい)

Img_5547

このウルトラボブですが、一つだけ注意点があります。

温湿度に弱いんです。

反ったりゆがんだりします。

なので、1mm厚のMDFに貼り付けて使うこととします。

Img_5548

写真ではまだあたりを見ているだけですので貼っていませんが。。

Img_5549

ぼちぼちちゃんと色塗りしないと (^^;

 

| | コメント (0)

2019年9月 6日 (金)

ちょっと手抜きな入母屋

手抜きというか納期対策というか、入母屋の家を考えるのに疲れたので

キットに手を出してしまいました。(特に屋根の作り)

sankeiのみにちゅあーとシリーズの入母屋作りの町屋。
Img_5551

ネットで探したところヨドバシに1つだけありました!

配送状況をみるとなんと北海道から (^^;

なんだか輸送料申し訳ないです。。


早速開けてみると、

 

 

Img_5553

レーザーカットされているので楽そうですが、微妙にパーツが多いですね。。

Img_5554

よく見ると屋根もペーパーでした。

密かに、屋根カットせずに済むことを期待していたのですが、

さすがに屋根は別物で作らないとですね。。

 

追伸1

早速部品を切り取り始めましたが、精度がいいですね~

Img_5556

ピシッとサイズが決まっています!

素組したい欲望を抑えてまずは屋根の検討から入ります。。

 

 

| | コメント (0)

2019年9月 2日 (月)

クロックスプリング断線

備忘録的故障記録です。

ついに来年から増税されるCT9A最終モデルのSRSランプがついてしまいました。。

加速で点灯、減速で消灯することから接触不良的な故障とは思いましたが、

こればかりはディーラーで見てもらうしかなく診断してもらいました。

その結果、クロックスプリングの断線。。

クロックスプリングとは、

Img_5537a_li

ステアリングボスに付くエアバックを作動させる為の配線のようです。

長く乗っていると壊れる例は多いようです。。

で、部品代と工賃で2万円越え(涙)

ステアリングをナルディか何かに交換してエアバック諦めちゃえばいいような気もしますが、

増税前にちゃんと直すこととします。。。


大事に乗っているんだから自動車税も増税しないでもらいたいものです!

| | コメント (0)

鉄道模型趣味9月号

先週やっと入手 (^^;

Img_5516

地方では絶滅危惧種ではないかと思うくらい売っていないのは

人気があるからなのかな?


で、今月はレーザー加工機の特集でしたので購入してみました。

なかなかの読み応え、参考になります。

私の場合、素材のコストを考えてケント紙やアート紙、工作用紙、STウッド、MDFなどが中心ですが、

記事ではバルカナイズドファイバーを多用されていました。

以前バルカナイズドファイバーやファイバークラフトも使ってみたのですが、

入手性が悪く、癖がついたり、コストがかかることもありすっかり忘れていました (^^;

こういうのには良いかもしれません。。

Img_5398

工作用紙だと全く強度なしです。

もっと使いこなさないとですね。


余談ですが、

記事にもありました通り、半導体レーザーは出力が弱いです。

なんでも切れるわけではないのでなるべく出力が高いもののほうが良いです。

カット時間の節約にもなりますし。。

あと、それなりに香ばしい匂いが出ます。

香ばしいと思うか臭いと思うかは個人差があります (^^;

 

 

 

| | コメント (2)

2019年8月27日 (火)

ホームの続きの続き

屋根の裏側の角材(垂木?)を付けました。

本当は作る気はなかったのですが。。

作っても見えないんですよね。。


まず垂木の試作。

Img_5495

1mmヒノキ板をレーザーカット!

本当は1.5mm厚の板があると良いのですが。。。

で、大丈夫そうなので量産!

Img_5496

ちまちま貼り付けると・・・

Img_5497

こんな感じで、

Img_5498

良しとします。


更に柱の下のほうの保護する板?も試作。

Img_5499

1.5mmの角材を巻くので2mm幅でお試しカット&貼り付け。

Img_5500

まあ、いっか。。

追伸
屋根に更に1mm角を追加して柱の下を巻き巻きしておしまい!

Img_5507

ここまで真面目?に作ったのは初めてかも。

Img_5506

良しとしよう。

Img_5508

屋根無しにしたい気分 (^^;

| | コメント (0)

2019年8月25日 (日)

ホームの続き

続きです。

 

柱をそろえるための治具はこれです。

Img_5484

工作用紙に等間隔の穴が開いているだけですけど。。

更に補強をつけて終わりとしました。

Img_5485

ホームに置くと

Img_5486

こんな感じです。

長いホームは嫌ですね (^^;


次は駅母屋かな?

| | コメント (0)

ホームを作る

今回、ホームの上屋を作るにあたり、ピシッと柱の並びをそろえたく、

なるべく精度を上げる試行錯誤中です。

#試行錯誤している暇があるのかという話もありますが。。

まずはカット。

Img_5473

絶対手で切ったほうが早いのはわかっているのですが、機械に頼ります (^^;


最初の試作は改札で。

1mm厚のヒノキ板をカットしてみました。

Img_5474

まあまあでしたので組んでみました。(未塗装)

Img_5476

ただ、相変わらず強度は無いですね (^^;


慣らしを終わりにして柱のカット。

Img_5477

1.5mm角の角材を一括カット!

長さがそろうのが気持ちいです。

手で切ると絶対雑になるんです。。


更に治具を作って貼り付け。

Img_5478

治具もレーザーカットで作りました。

って、工作用紙ですけどね。


そして最後はホームに柱の位置をカットして差し込みます。

Img_5480

今回は1mm厚のMDFです。

ただ、これだけだと柱の垂直が出ないのでもう一つ治具を作っています。


つづく。。

| | コメント (3)

合宿

恒例の年に1回の合宿がありました。

場所も恒例の、山梨の展望園。

Img_5408

ぶどうを買いに行っているとも言います (^^;

15時半に着いて早速店開きです。

Img_5406

接続の仕方や動かし方をすっかり忘れていて大変。。

今回のテーマは雪景色です。

Img_5410

嘘です (^^;

とりあえず走るようになり、

Img_5411

猫屋線も快走!?

Img_5415

そうこうしていくうちに夜が更けていきます・・・

Img_5420



なぜか合宿のほうが早く寝るという不思議。。。

| | コメント (0)

どうでもよい話

久しぶりの更新。。

本当なら模型進捗とかブドウ狩りとか書くところですが、

ちょっと独り言です。

あまりにもどうでもいいことなので、フォントが小さく&薄くなっています (^^;


先日中古CDショップをのぞいたら妙なCDを発見。

増長 / YMO&爆笑問題、長井秀和 [廃盤]

もちろんYMOの増殖のパロディなのですが、数百円と安いのもあってつい購入。

しかし、これがなんとも。。。
スネークマンショーや増殖を期待して聞いた私が間違っていた。。

私の感性が落ちたのか?まともになったのか?

 

| | コメント (0)

«新潟つあー