2017年10月21日 (土)

自転車とリヤカーの完成例:すごくいいです!

と言いましても私のではなく、
軽便模型祭でお求め頂いた「おきコレ」さんの作成です。

工作手順も参考になります。

リンク先はこちらになります。
http://okikore.exblog.jp/26101434/

ほんとシャープな出来栄えと細かな塗装はうらやましいです (^^;

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年10月18日 (水)

秋っぽい?

いや、飽きっぽいです (^^;

インチキパワーパックVer.2の工作は・・・
P1040080
部品揃えて、始めたと言えば聞こえがよいですが・・・
一応言い訳しますと、構想が膨らんで仕様が追加になりまして。。

にもかかわらず、調子に乗って豪華買い物 (^^;
P1040078
PECO高すぎです(涙)

で、すぐに中を開けたくなるわけで、
P1040079
でもきっとしばらく放置です (^^;

ま、考えている時が一番楽しいわけです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年10月13日 (金)

やり残し工作

本当は軽便祭までにやっておきたかった工作シリーズその1

昨年の軽便祭でパワーパックを壊した反省で予備を作ろとしたところで
止まっていました

再開すべく足りない部品+αを調達。
P1040074
若干余計な部品もあります (^^;

で、パワーパックを作る前にこの本も購入。
P1040075
TOMIXの新システムの仕組みがわかりましたが、
自分がやってみたいものと近かったです。
しかし、汎用性を持たせるために難しさと制限がありそうですね。。
あと、膨大な配線 (^^;

さすがにここまでは作れませんので、ちまちま考えましょう。。


実は2個目のパワーパック製作は2列車交換の狙いもありまして。。


ちなみに+αはこれ。
P1040076
持っていなかったの?って言われそうですが (^^;
P1040077

| | コメント (15) | トラックバック (0)

2017年10月11日 (水)

軽便鉄道模型祭の猫屋線改造キハD15の作り方 その6

今回はもろもろ準備します。

簡単なところで床板から。
P1040069
このように手で切り離してもいいんですけど、割れてしまうことがありますので、
裏から切り離したほうがよいです。
P1040070
万一割れてしまったら木工用ボンドで補修です (^^;
P1040071
動力と床板は動力側の穴を使ってねじ止めするのが正攻法かと思います。。

側面の補強。
KSの3mmX3mmアングル材が長さ250mmだったので半分の125mmにカットしました。
車体より少し長い感じになります。
P1040067
注:4mmX4mmのアングル材のほうが良かったかもしれません。。

裾から6mmのところでボンドで貼り付けて固定します。
固定の際は、表面を傷つけないように何か挟むなど注意してください。
P1040068
本当は先にねじ穴を切っておいたほうが良いかもしれません。。

お顔のディテール。
簡易治具を使います。
P1040065
点線の部分で軽く山折して、マスキングテープなどで貼り付けます。
位置合わせは慎重に・・・
貼り付けが甘いとずれます (^^;
P1040066
これで手すりの穴開けと、空気取り入れのふたの貼り付けを行います。
ふたの取り付けは表裏に注意してください。裏表を逆に付けるとエッジが際立ちます。
手すりは0.3mmの真鍮線あたりが良いかと思いますが、お好みでどうぞ。。。

ヘッドライト下の手すりは・・・目見当でお願いします (^^;
下側の手すりのずれのほうが見た目に影響あるので治具を作りました。


最後にベンチレーターです。
P1040072
今回、猫屋線風のベンチレーターをさらに精密に作ってみました。
これを使うかどうかはお好みでどうぞ。。
Nゲージの旧客のベンチレーターなどでも良いかもしれません。

作り方は、
P1040073
楊枝の先などで、ピンセットで形を揃えながら重ね貼りします。
事前に少し屋根と同じRを付けておくかどうかはお好みでどうぞ。。
最後に穴の開いていないものを貼ります。
組み立て後、穴に事前に1mm程度の棒を付けておいて屋根にさす方法もあります。
ベンチレーターは3個使いです。(1個予備というか試作用?)

他にドアのステップ部分などもあります、
用紙の端などで適当に作成します。床板の脱着に邪魔にならないサイズで。。

この後は、一般的な工作となりますので、
作り方シリーズは一旦終わりとさせていただきます。。

PS.
猫屋線の顔とペーパー側面の貼り合わせと下地処理が一番の山場となります。
紙の厚さと顔部分の厚さの違いなどはカット&トライとなります (^^;

前後面の窓ガラスは、
・手すりを避ける追加工
・ライト部分との切り離し
・側面との干渉部分の削除
なども必要になります。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月10日 (火)

軽便鉄道模型祭の猫屋線改造キハD15の作り方 その5

塗装剥がし編です。

IPA(イソプロピルアルコール)を準備します。
と言いましても自動車用品屋さんで買ってきた水抜き剤です。
P1040060
火気厳禁!

今回は小さいパーツなので手軽にチャポン・・・
P1040061

5分程度で拭き取ります。
P1040063

完成!
P1040064

キハ15の文字のところはやすりでならしておきます。

次はこの部品のディテール処理の予定です。
・運転室に風を入れる扉の貼り付け
・手すり3か所の取り付け

一気に書けと言われそうですが、工作時間の都合ですみません。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 9日 (月)

軽便鉄道模型祭の猫屋線改造キハD15の作り方 その4

今回は猫屋線の分解編です。
今更皆さんご存知でしょうけど備忘録として (^^;

ベースは第2弾のキハ11を使います。
P1040053
まず下回りを外して、顔を外します。

キハD15にはこの湘南顔とガラスを使います。
P1040054
下側からそーと外すと取れます。

窓ガラスも外しますが、前後面はライトの部分が固いのでピンセットでつまんで
傷めないようにします。
P1040055
外したガラスは傷にならないようにマスキングテープなどを貼っておくとよいです。

下の写真の赤い部分のツメ4本は屋根板と干渉するので削除します。
P1040056
ペーパーやプラ板で屋根にする場合は残しても良いかもしれません。

下回りは台車と床下の部品を流用します。
P1040057
台車はナイフなどを使ってこじっちゃいます。
折らないように気を付けましょう。

以上が分解編です。
P1040058

このあと、ボディーの色を落とします。
これもみなさんご存知かとは思いますが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

軽便鉄道模型祭の猫屋線改造キハD15の作り方 その3

側面の補強についてです。

補強なのでL型アングル材のほうが良いのでしょうが、
ここでは試作した角材の方法で説明します。

あくまでも一例なのでもっと良い方法があれば試してみてください。

角材は2mm角と3mm角を用意します。
P1040051
上端基準で2mm角を、下から6mmのところに3mm角を貼り付けます。
2mm角のほうは、ドアの部分を避けるために角材を少し削ります。
手すり穴をふさがないように気を付けます。

長さは130mm程度とし、後で前後面とつなぐ際に調節します。
P1040052

ただ、この方法、課題があります。。
手すりを後からつけにくい (^^;

今回は手すりを先につけて、L型アングルで作ってみます。
って、アングル材あったかな?

つづく。。


| | コメント (6) | トラックバック (0)

2017年10月 7日 (土)

軽便鉄道模型祭の猫屋線改造キハD15の作り方 その2

次にバス窓のHゴムを貼り付けます。

まず最初に準備すると良いものにカップ麺やヨーグルトのふたです。
Hゴムのパーツに接着剤を塗ったものを置く場所に使います。
P1040041

Hゴムに接着剤を塗る場合は裏面に塗ります。
P1040042
裏面のほうが微妙に面積が広いです。

今回Hゴムのサイズは4種類です。
P1040040
微妙に幅が違いますので貼り付けの際は注意してください。
(右側のグループの上下)

しばし乾燥を待ちます。
P1040043

乾いたら再度接着剤を塗って、本体に貼り付けていきます。
その際、出来の良いものを選びましょう。
P1040044
窓に乗せたら、窓の内側からピンセットなどで位置を合わせていきます。
貼り付けの際は、切り離した部分が下に来るようにすると見た目が良いかもしれません。

貼り付け終了!
P1040045
接着剤をつけすぎてはみ出した場合は後でナイフなどで削ります。
紙やすりのふちで削っても良いかもしれません。

最後に、バス窓の内側から刷毛タイプの瞬間接着剤でしみこませてバス窓完成。
P1040047
実際のHゴムの厚さはもっと薄いので、
厚さが気になる場合は表面をやすりなどで削って好みの厚さにしてください。
模型のデフォルメ的にはこれでも良いかと思ってます。。

このバス窓が作りたくてレーザー加工機を買いました。


さて、この続きはとりあえずお任せします (^^;

裏に補強となる角材などを当てたほうが良いです。
窓ガラスのサイズもこの状態で確認しておくとあとが楽です。
手すりはこの状態で付けたほうが良いのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

軽便鉄道模型祭の猫屋線改造キハD15の作り方 その1

模型祭では6セットばかりの用意でしたが、その作り方について解説したいと思います。

ただ、作り方は色々あるかと思います。
私よりもっと上手な方もいらっしゃるはずですので、
一例として見ていただけますと幸いです。

最初に切り出します。
P1040030
部分的につながっているところをカッターやデザインナイフで切り離します。

一番上のパーツは窓のサッシも切り離します。
P1040031
サッシは別塗りして窓を付ける際に貼り付けます。
バス窓用のHゴムは細いので取り扱い注意です。。
切り離したところが飛び出てしまった場合は・・・
切りすぎないように切り直すか、やすりでこするか。。。
要は頑張ってください (^^;
一応予備が付いています。

接着剤登場!
P1040032
貼りあわせを考えてそれぞれのパーツに一度塗り込み、乾かします。
パーツに厳密には裏表があります。
レーザーカットした際の黒いエッジが見える側が表で、
あまり見えない側が裏になります。
間違えても大した影響はありませんが、
レーザーカットも垂直に切れているわけではありませんので
Hゴムなどは注意してください。

このドア部品は裏表があります。
P1040033
窓の周囲をゴムっぽく溝を掘っています。
溝が表になります。
ドアの表から見える部分は接着剤を塗らないようにしたほうがきれいです。

はみ出さない程度にたっぷり接着剤を付けて貼り合わせます。
P1040034
その際の貼り合わせがずれないようにするのが難所です (^^;
だめだ!っと思ったときは急いで剥がします。
まだ間に合いますから。。

多少であればあとでやすりで修正しますが、
ドアについては注意してください。
P1040035
3回貼りなおしたのは秘密です (^^;
周囲を刷毛タイプの瞬間接着剤をぬるとしっかりします。
(バス窓のところはHゴムを貼ってから)

追伸:トラブルシューティング

1.こんなこともあります (^^;
P1040036
瞬間接着剤を少し流し込んで貼り付けましょう。。

丸いところに瞬間接着剤を盛った時は盛り上がりすぎないように
素早く指で拭き取るのが私流です。。
なので指がカチカチに。。
もっとスマートなやり方しましょうね (^^;
あとでやすればいいんですけどね。。

2.ずれちゃったときは・・・
多少のずれなら外側に合わせて修正ですね。
P1040038_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 3日 (火)

第13回軽便鉄道模型祭 その2

模型祭は第2回から拝見させていただいているのですが、
やはり一番の楽しみは色々な作品を見ることですね。

今回もみなさんすばらしい作品で、自分は恥ずかしい限りです。

まずは毎回サイズ・配置・色合いのセンスの良いみのるさんのレイアウト。
P1040016
いいですね~
P1040019
こういうレイアウトほんと欲しいものです。
自分の猫屋線(改)も入線させていただきたかったのですが、
コーナーを曲がる自信がありませんでした (^^;
来年も楽しみにしています。

こちらはブログ拝見しているときからため息が出る出来栄えで
実物を拝見できて感動物でした。
P1040014
こういう近景を作れるって尊敬しちゃいます。。

建物や道路も魅力的なのですが、今回一番ひかれたのはこれ。
P1040010
ほんと、木の匂いがしそうです。
P1040013
秋、夏、春とくると次は冬景色でしょうか?

毎回お手軽軽便を提案している栂森先生。
P1040002
短期間で仕上げちゃうあたり、誰でもできそうに錯覚してしまいます (^^;
P1040004
中央の四角く抜けた部分は景色の分割を狙ったものでしょうか?
聞きそびれちゃいました。。

KBMCのモジュールは安定感ありますね。。
P1040007
昨年より進化していました。
P1040006
16番と猫屋線で実現したいところです。
P1040009
寅さんいたのですね (^^;

私のDB602も仲間に入れてほしかったのですが・・・
P1040024
バラバラで触ると分解しちゃうのであきらめました。。

地面の作成方法もご教授頂きました。
Img_2595
秘密のメモ!?
Img_2604
色々な素材があるんですね~
Img_2605

今年で見納め?
Img_2606
綺麗ですね~
Img_2607
去年見られなかったクレーン動作も滑らかでした。

シェフの作品は、毎回大きなレイアウト。
Img_2608
色味が好みです。
Img_2609

他にも素晴らしい作品が色々ありますが、写真がいまいちでここまで。。

次はメンバーの作品を。。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

第13回軽便鉄道模型祭 その1

改めてお疲れ様でした。
ご来場の皆さまありがとうございました。

まずは今回の振り返りですが、
相変わらずスケジュール管理の甘さというか、
リスク管理ができていないという反省は毎度のことでした (^^;

Img_2587
モジュールは2作目と言うことで駅以外のものにチャレンジでした。
なにしろ何を作っても新しいことばかりで、悩む時間が多かったのも敗因ですね。
それにしても水の表現は難しいですね。。
今でも明るい色にすべきだったか答えは出ていません (^^;

また、今回の工作は、昨年の模型祭の後導入したレーザー加工機にかなり頼りました。
このモジュールでは、
・ガーダー
・護岸のコンクリート
・橋脚のコンクリート
・枕木のカット
などに使いました。
高い買い物でしたが可能性とモチベーションアップを得られます。

その勢いで作ったのが車両キハD14です。
Img_2586
車両の窓部分を1/87と1/80で作りました。
窓をくりぬく根性とバス窓のHゴムを切り抜く根性のない私には感動物でした。

さらに、その勢いで猫屋線改造キットをキハD15として出品させていただきましたが、
なにしろカット時間がかかるので6個しか作れませんでした。。
売り切れてしまってすみませんでした。(欲しい方まだいるのかな?)
猫屋線第2弾も売り切れているし、1/80は邪道だとか言われそうなので
そんなに需要は無いだろうと思っていたのですが、そうでもなかったようですね。

お手軽軽便としての可能性が今後も楽しみなところです。

ちなみに大手駅は昨年のままでした。
このモジュールが無いと自動往復運転ができないので (^^;
来年はどうしましょう?
毎年同じモジュールでは失礼ですよね。。
でもまだこのモジュールの自動運転は進化させたくもあり・・・
ターンテーブルつくりたいなぁ・・・
自動機回し作りたいなぁ・・・


やっと体調が復活しつつあるこの頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 1日 (日)

軽便鉄道模型祭の自転車とリヤカー

軽便鉄道模型祭お疲れ様でした。
来場者の皆さま、スタッフの皆さまありがとうございました。

早速ですが、軽便祭のお話しはさておき、
リヤカーの作り方について補足いたします。

説明書を用意しましたので参考にしてみてください。
「howtomake.pdf」をダウンロード

もしご質問等ある場合はコメントへお願いします。
非公開希望の場合はその旨記載くださいませ。。
メールにてお答えいたします。

ちなみに、早い人で20分~30分で組み立てられるそうです (^^;

PS.
自転車の方はくれぐれもチェーンケースが右側になるようにご注意ください。

PS.
くるまやさんが組み立てのコツを教えてくれました。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2017年9月30日 (土)

模型祭準備終了!

とさせてください (^^;

P1030979

車両は実はまだ出来ていなかったり。。
P1030980

綿商会館の4Fと5Fを行ったり来たりしているはずですのでよろしくお願いします。

4Fのでは駿遠倶楽部の資材課3係も細々とやります。。
工作仲間が増えることを祈っての素材です。
何分素人のものゆえ、量も質も理解ください。。

さて荷物をまとめなくては (^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月28日 (木)

模型祭まであと少し。

もうおしまい!
今夜を入れてあと二晩しかありません(涙)

こんな感じです。
P1030971
出来れば目を細めて遠くから見てくださいませ (^^;
たかだか小さな変哲もないモジュールですが、苦労しました。
なにしろ2作目なんで。。。

川は難しかったです。
P1030972
なかなかイメージ通りに出来ませんね。。
まだまだ修行が足りません。

模型祭では皆様よろしくお願いします。

ってまだ出来ていませんけど (^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月26日 (火)

通い箱

突貫通い箱です。

プラ段畳1枚サイズをカット。
P1030965

まずは下回りだけど、サイズが足りなく底抜け状態 (^^;
P1030966

でも気にせず蓋も作ってとりあえず完成!
P1030967
たいした箱じゃないのに、一発勝負なので展開図考えたりで
時間かかってしまいました。。

明日こそデカール貼って車両を仕上げなくては。。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年9月25日 (月)

軽便鉄道模型祭まであと5日くらい?

あと数日。。
がんばろう。。

車両は塗装完了。
P1030964
というか、もうおしまい!
マスキングを雑にすると後で痛い目に遭いますね (^^;

あとはデカールを貼って窓ガラスかな。。

モジュールは?
川に水入れ中でして、そのすきに川見学へ。。
P1030958
どうやってこの水面を作ったものかまだ悩み中。。。
やっぱり薄い色にすればよかったと後悔も (^^;

まあ今更言っても始まらないので今後の課題と。。。

明日は通い箱を作ろう。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月24日 (日)

車両を急がなくては・・・

とりあえず、下地の青色を塗ったところで動力の取り付けに悩みました。。

1/80キハD14は手配したTM-13Rが最適でしたが、
取り付けが難しく。。
P1030953

というわけで、さんざん悩んで床板作成になりました。
P1030954
2mm厚のヒノキ板をレーザーカットして
P1030955
どんぴしゃ!!

とりあえず、これで走れそうです (^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月22日 (金)

駿遠倶楽部資材課 第3係

駿遠倶楽部では軽便鉄道模型祭で出店?もするのですが、
我が第3係は、レーザー加工機を使ってしょうもないものを少々 (^^;

その1
自転車とリヤカー
P1020772a
HOサイズのペーパー製です。

その2
猫屋線改造用ペーパーキット?
P1030950
猫屋線のキハ15を駿遠線のキハD15とハ112もどきに分割するので
2倍楽しめます!
ちなみに試作中の上記写真はキハD14です。

その3
尾小屋キハ3のボディ
P1030942
1803の数字付

その4
未定。。。
たぶん時間切れ (^^;

どれもキットと言うより素材ですね。。

工作好きで根性のある人向きです (^^;
数はかなり少ないです。
気が向いたら寄ってみてくださいませ。。

追伸
くるまやさんのサイトでも告知されていましたが、
「釧路・根室の簡易軌道」が恐らく最終販売かと思います。
買いそびれた方やもう1冊欲しい方はこの機会に是非どうぞ!

1係はくるまやさんですが、2係は?


| | コメント (2) | トラックバック (0)

あと10日。。。

模型製作とラリーは同じだと思うこの頃。。
どちらも減点のゲーム (^^;

などと言っている場合じゃなく、まだ車両製作しています。
ボディが出来たのでというか諦めて?
P1030943

パーツを付けていきます。
1/87の雨どいは紙帯貼り付け。
P1030944

1/80のほうは0.6mmの金属で。
P1030946
スタイル取りが難しいです。。

妥協です (^^;
P1030948

こんなもんかな。。
P1030951
手すりは疲れました。。

ちなみに、1/80のベンチレーターはペーパーで。
P1030949
猫屋サイズにしました。

1/80の動力はTM-13Rの予定です。
台車はくるまやさん製の3Dプリント台車で。
ただ、TM-13Rってなかなか売っていないんですよね。
ネットで取り寄せました。

いよいよ本塗装です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月18日 (月)

車両のほうは・・・

進捗悪し (^^;

二兎追うものは。。。
二兎じゃなく追いすぎ?

川にも飽きて?レーザー加工機で、こんな型紙というか治具というか作ってみました。
P1030936

穴あけとベンチレーター?の貼り付け位置だし用。
P1030937
穴あけは便利でしたが、ベンチレーター?の貼り付けはさほど便利じゃありませんでした。

忘れかけていた尾小屋も
P1030942
箱にはしてみましたが、未完で終わりそうな予感です (^^;

あと、この汚らしいパワーパック。。
P1030940
さすがに今年もこの惨状ではと、厚紙に試作中・・・
P1030939
でも厚紙じゃね。。
P1030941
というわけで、これも保留 (^^;

実家で発見シリーズ?
P1030938
すっかり失念したのか使った形跡ありませんでした。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年9月17日 (日)

川の色は後回しにして

木を作ります。。

困ったときはこれ。
P1030935

ワイヤーで枝ぶりを作るセンスが無い私は毎度これに頼っています (^^;

適当に束ねて盛り付けて・・・
P1030933
とりあえず2本。

川の色は?
明るい色に塗りなおしてみましたが・・・
P1030932
まだ悩み中・・・
P1030931
左の端だけ少し流し込みしてみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月16日 (土)

川の色は?

まだ悩んでいます。。

色々作品見ると川の色って結構濃いのですね。
もちろん川の種類にもよりますが、広い川の場合実景で見るとそう濃くも見えないし。。

試しに塗ってみましたが。。
P1030929
う~ん。。

かと言って白すぎると違和感も。。
P1030930
でも、川が主張しなくて、いい感じにも思えるし。。

リアルの色と絵画的な色では違うわけで・・・
今夜は長そうです (^^;

| | コメント (2) | トラックバック (0)

初めての水もの

1000記事記念は完成!といきたかったのですがまだまだ。。

それにしても川の色って難しですね。。
まずは適当に塗ってみると。。
Image2

そんな渓谷みたいな川じゃないし。。

濃すぎたので青みや白みを加えて、
Image1
もう少し薄くかな?

実際の景色は日の当たり方や時間でも変化するので正解って色々あるんですよね。

試行錯誤でびちゃびちゃになっちゃったので、ちょっと中断。。
他のことをします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月15日 (金)

軽便鉄道模型祭まであと半月

にもかかわらず、まだ車両作っています (^^;

1/87のキハD14と、猫屋線ベースのキハD14の屋根を作ります。
アガチス材を切って屋根に乗せ、前後のRを元に削ります。
ヒノキより柔らかく、バルサより硬い感じです。
P1030924

アガチス材もちゃんと買ったのと100均で買ったものでは
だいぶ質が違いますね。。

ちなみに周囲はおがくずだらけ (^^;
P1030925
でも、この安物のホビーカンナ結構便利です!
意外と切れるんです。

あとはやすりで形を整えていきます。

3連休はひたすら工作ですね。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年9月13日 (水)

だんだん雑になってきた。。

まずはモジュール断面の処理。

表面だけはアガチス材をおごりました。
P1030920

もう1面
P1030921

後で塗るつもりではいます。

板との隙間を埋めてコンクリートを貼って、
P1030922
草を植える面積を減らします (^^;

適当に切ってボンドでぺたぺた。
P1030923
コンクリートはグレーのサーフェイサーの上に白のサーフェイサーを吹いて
白っぽくいきますが、後でもう少し着色するかもしれません。

草は雑巾作戦です。
今回はなるべくターフを使わないのを目標としています。
しかし、以前作っておいた雑巾草ですが、微妙に足りません。。。

雑巾草を追加製造しようと思ったら緑の塗料もなく・・・

続きはまた明日~!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月10日 (日)

マイクロミスト その2

続きです。

さすがにボンドが薄かったので再噴霧。
P1030919
固着できそうです。

ボンド水溶液余った (^^;
P1030918_2

次は土手かな?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年9月 9日 (土)

マイクロミスト工法?

河原の石を敷いています。

モーリンのN0.41がいいみたいです。
P1030917

で、固着させるのに今回マイクロミストを使ってみました。
P1030916
中央にそびえたつのがカインズで780円で買ってきた霧吹き。
(普通の霧吹きよりちと高い)

木工用ボンドを薄めて噴霧してみましたが、ちゃんと出ました。
ただ、今のところ濃度薄めなので、
・どこまで実用性があるか?
・放置してノズルが詰まったりしないか?
などまだわかりません。。

一応、上半身は綺麗に洗っておきます。

ソフトバレーの練習に行ってからどうなったか見てみましょう。

だめならきれいに洗って園芸用ですね (^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

時間が無い。。

まずいですね。。
毎年のことなのですが (^^;

軽便鉄道模型祭まであと少し。。

こんな小さなモジュール1個に手間取っています。。
とりあえず、下地塗り。
P1030913

雪景色は脱出しましたがまだ写生大会レベルですね (^^;

土手は大きく手抜きをするアイテムを作りました。
P1030915
護岸コンクリート!
軽便でコンクリート?と思われますが、実際そうなんで (^^;

秋桜にカエル
P1030911

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 2日 (土)

なぜか尾小屋キハ3

完全に寄り道です (^^;

でもついつい。。
元データはくるまやさんですが、レーザー加工に合わせて若干修正。
P1030904

軽く重ねた感じではOKかな?
P1030905
一応手すりとドアノブ穴まであけてみました。

さらに今回の目玉?
P1030906
1803のカットに挑戦!
まずまずかな?
ちょっと大きめですが一応実物の書体に近づけました。

さすがにピンセットでも扱いづらいので、
P1030907
でかいですか?
180は塗りつぶしちゃうからいいですよね?

下回りは?
そこまで考えていません (^^;

軽便祭へ持っていこう。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年8月31日 (木)

車両工作

色々あるけどほとんど気分です。

今日はキハD14はサッシじゃないことに気が付いて貼り付けて。
P1030901

勢いで箱にして。
P1030903
右側は1/87キハD14。
3Dプリントとペーパーのはいぶりっど。

中央と左は猫屋線を2個いちの逆で2倍に?
中央はキハD15にしようと思っていたのに、
勢いでキハD14の側板を作ってしまったのでキハD14に変更。
お顔が違うのは晩年型ということで (^^;

左はハ112もどき。
捨てるのもったいないので (^^;

他にもこんなことも・・・
P1030900

あたふた、あたふた。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«脇道、寄り道、駿猫客車