2018年7月14日 (土)

動作確認中

完成じゃないのですが、大体基板が出来たので動作確認を始めます。

何しろプログラムがないと動かないので少しづつ作り始めます。
Img_3728
奥の基板がリレー回路で、手前の基板がコントローラーです。
コントローラーにはセンサーやスイッチはまだついていませんが、
モニタ用LEDとLCDをつなげています。

今回ものぐさして?PICを2個使いましたので、
まずは下位のPIC(ポイントコントロール用)を動かしてみます。
下位のPICは上位から信号が入るとポイント動作用のサーボモーターを動かして
LEDを点灯させるだけです。
上位のPICにはポイント切り替えの信号を出して、
合わせてLCDに文字も出します。

今回テスト用に作りましたが、
保守用に組み込んでおいたほうが良いかもしれませんね。
Img_3732
う~ん。。楽しい!
大したことしていないのですが、思い通りに動くって楽しいものです。

動画で見るとこんな感じです。
ほんと、大したものじゃないですから (^^;
こんなので喜んでいたらいつ完成するのか気が遠くなりそうですね。。。


ついしん
ポイントとギャップリレーの動作確認もしました。
Img_3735
奥の基板で赤く光っているのがONしたリレーです。
ここまでは比較的簡単なんですが・・・

更についしん。。
サーボモーターをつないで動作確認。
Img_3736
無事動きました!

次はスイッチかな?
さりげなくテスト用のDIPスイッチが増えています。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年7月 4日 (水)

リレー基板その2

その2と書いてみたものの。。。
眠くて。。
昨夜の早起き?が効いてます (^^;
Img_3710
配線確認してリレー基板つなげて実際に走行テスト。
動いたっぽいので今夜はおしまい。Zzz

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 3日 (火)

リレー基板

話があっちこっち飛びますが、今度はリレー基板の作成です。
ギャップコントロール用のリレー基板です。
Img_3709
リレーをトランジスターでドライブして、LEDも点灯する感じです。
本来はマイコン制御ですが、動作確認用にDIPスイッチを付けています。
それにしても配線がごちゃごちゃして頭の中がおかしくなりそうです。。
電源を入れて恐る恐るスイッチを・・・
Img_3707
おお!モニタ用のLEDが光ってカチッと音がします。
もちろん事前にショートしていないかなどのチェックはしていますよ。
全部ON!
Img_3708
って、こんな使い方はしませんが (^^;
このあとターミナル側でリレーの導通をチェックして終了。
これでなんとか試走が出来そうです。
ポイントマシンがまだですけどね。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月27日 (水)

実験中・・・

照度センサーの感度をみています。
このセンサーは列車の到着を見るためのもので、
列車がセンサーの上に来て暗くなったときに反応するようにしたいのですが、
部屋が暗かったりすると反応しっぱなしになってしまうわけで。。。
今回の回路はこれ。
16f8862
この抵抗値をいくつにしたものか?
データーシートを見るのも手なのですが、
(というかそれが正しい)
ものぐさしてPICの入力ピンにダイレクト接続 (^^;
Img_3696
入力レベルが変化したらLEDを点灯するプログラムを作って様子をみます。
(現物合わせともいいます。)
とりあえず抵抗値は100Kとすることとしました。
感度を落とした感じです。
実は2年前の合宿の際、民宿の電気が暗くて使えなかったんです (^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月24日 (日)

レールを固定

なんとかレールの固定までこぎつけました。
Img_3677
レールを染めてからはじっこから固定していきます。
ほとんど現物合わせで。。
レールの配線を忘れていたりしながらもなんとか終了。
Img_3681
ギャップ切っているのでこのままじゃ走れないので
走行テストは後日に回して仮配線をしなくてはです。
その前にギャップのコントロール用にリレーのテスト。
Img_3689
リレーのドライブ回路を試そうとするも、
「Target Device ID (0x0) is an Invalid Device ID. Please check your connections to the Target Device.」
となり書き込めず。。。
PICkit3が壊れたか?
ブレッドボードの配線がわけわからなくなったときは・・・
Img_3690ピンぼけすみません。
素直に切り分けです。
どうやらちゃんと書き込めましたので、悪いのはPICkitでもPICでもなく
ブレッドボード上の回路ですね (^^;
続きはサッカーでも見ながらかな。。


追伸
動いた動いた!
こんな感じです。
解説すると
スイッチを切り替えると、
左下のLEDが点灯して
リレーのカチッと言う音がします。
サーボモータが動くのはおまけです (^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月10日 (日)

いんちきポイントマシン その2

ちょっと設計変更が入りました (^^;
いんちきポイントマシンのサーボモーターをPWMで動かすには
どうにもPICの周波数を1MHzに下げざるを得ないようなので、2CPU構成に変更しました。
(8MHzで動かす方法がないわけじゃないのですが私が理解するのが面倒で。。)
16f8862
(書きかけなのでイメージ図)
で、サーボモーターの動作確認をすべく、
Img_3647
サーボモーターを用意。
ブレッドボードでPIC16F886を使って動かしてみました。
Img_3648
なんともぐちゃぐちゃですが、一応動いたっぽいのでこれで良しとします。
その前にLCDの実験も。
Img_3634
あれ?
Img_3635
配線がおかしい?
気を取り直して、
Img_3636
ふぅ。。焦った。。
これで、モジュールに線路とサーボモーターの取り付けが出来そうです。
余談ですが、
古典機って全く興味がわかないんですよね。。
なぜか考えてみたところ、情景が昔すぎるのかもしれません。
使い方がわからないというか・・・
あと、自分の好きな設定年代から外れているというか。。
もっとも軽便鉄道も、ろくに知らないし、思い入れも強く無いのですが、
生まれた時代が近いので楽しめているのかもしれません。
軽便鉄道模型祭に出かけるようになったのも車両より情景でした。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年5月28日 (月)

スワップミート同窓会

お買い物ツアーを兼ねて出かけました。
なるべく散財しないようにしたのですが、ついつい・・・
Img_3625
あ、その他のお買い物も混ざっていますので、
実際はChitetsuCorporationさんの試作品と、
MosoFacotryさんのスーパーキャパシタだけです (^^;
昭和駅のレーザーカットのお話も聞けて参考になりました。
私も黄ボール紙は買い込んでいるのですが制作が追い付きません。。。
組み立ては、なかなか考えられていますね~
ここまで考えるには何度も試行錯誤され、
その結果試作品がいっぱい出たのでしょうね(笑)
作ってみたい気もするのですが最近横道にそれまくりなので保留します。。
キャパシタは面白そうなのでお試しで買ってみました。
どう見ても電解コンデンサーのようで、
耐圧も低くて逆電圧かけて大丈夫なのかよくわかりませんが、
そこも含めてお試しですね。。
扱いは自己責任です。
他にも色々拝見出来てお話し出来て楽しいイベントでした。
謎のものが多く、ちゃんとしていないのが楽しい原因かもしれません (^^;
あとは秋葉原でお買い物でした。
今回の目玉?はPICかな?
I/Oを増やすために28ピンのPIC16F886を買ってみました。
ちなみに最新のPICを買わないのは新しいものに付いていけないからです (^^;
おっとそのまえにPIC16F690のパワーパックを作らなくては。。。
あとは割愛。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年5月13日 (日)

リレー回路の検討 その2

先日考えていた回路ですが、実験してみました。

まずはリレーのPINと動作の確認。
Img_3513
コイルに5VかけてLEDの切り替わりで動作の確認。。

次はラッチング用のパルスの生成回路の確認。
Img_3557
積分回路で遅延を起こしてパルスを作ってみましたが
当然立ち上がりと下がりでは時間が違いますね (^^;

でもまあそれはともかくリレーのドライブ回路を搭載。
Img_3562
トランジスタでリレーを引っ張るだけなのですけど。。

で最後に動作確認したところ一応リレーは動きました。
ただ、ちゃんと回路の状態まで見ていないですが。。
まあ、仕事じゃないので良しとしましょう (^^;

2

それにしても回路が大袈裟?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いんちきポイントマシン

前回作りかけたインチキポイントマシンですが、
いまいちな予感がして設計変更です。。

というのは、
Img_3539_2
これだとアームの部分が見えないんで保守性が悪そうな予感が・・・

というわけで、
Img_3551
右側が変更後です。

これならアームがスタッドにぶつかることもなく、リンクの保守もできそうです。
Img_3553

コードのガイドも作りました。


というわけで部屋中がMDFの香ばしい匂いで。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 6日 (日)

GWはここまで。。

GWも終わり、明日から仕事でブルーな気分の夕方です。。

結局のところあまり工作は進まなかったですが、
ベースが出来たのは収穫です。

まずはポイントの加工から。
Img_3487_2
少しでもRを大きくしたいので直線部分を削ります。
Img_3488_2

そして現物合わせで型紙を作って・・・
Img_3491_2
ザックリこんな感じです。
Img_3497_2

ここで寄り道その1
Img_3509_2
インテリア用のスノコにキャスターをねじ止めしただけのものですが、
これがないと邪魔者扱いされてしまいますので。。
Img_3510_2

さらに寄り道その2
Img_3504_2
久しぶりにレーザー加工機を使うと失敗。。
焦点合わすのを忘れていました (^^;

気を取り直して4個作成。
Img_3506_2
この板はインチキポイントマシン用のサーボモーター固定用です。
2.4mm厚のMDF板を3回繰り返しでカットしました。
1枚カットで約10分ですが、プラバンと格闘するより楽でした。
手が汚れましたけどね (^^;

2mmのネジでサーボを固定して、あとでベースに固定します。
Img_3511

次はレールの切り出しと配線と着色かな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 1日 (火)

ベース完成

考えていても進まないのでベースつくりをします。

以前くるまやさんにもらった角材をベースにします。
Img_3478
天板はMDF板がありました。

カットはお外で。。
Img_3479
日に焼けました (^^;

さらに簡単にやすり掛け。
Img_3480
以前部屋でやって大失敗でしたのでこれも外で。。

並べてみると・・・
Img_3481
厄介な形です。。

水平に気を付けながら木ネジで組んで、
Img_3483

MDF板を貼りつけます。
最後の帳尻合わせはLの内側で調整します。
Img_3484

一応完成!
Img_3486
散らかっています (^^;

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年4月29日 (日)

リレー回路の検討

GWに入りました。

少しは進めないとと気だけ焦ってしまうこの頃ですが、
今回はポイントとギャップの検討です。

何とか2列車交換をしたいと思うのですが、頭の中が混乱しそうなので絵を書きました。
Photo
待ち合わせてそれぞれ発進するとしたら丸印の部分にギャップが必要ですよね?
列車の停止・発進はセンサーでポイント制御とパワーパック制御を行うとして、
ギャップ制御も必要になるわけで、ここが大手駅より難しいところです。

で、ギャップをつないだり切ったりするのにリレーを検討中です。
それも2コイル式のラッチングリレーで。。

さて、このリレーをどうドライブしようか悩み中です。。
こんな回路を考えたのですが、若干作るのが面倒です (^^;
Photo
また、この方法(ラッチングリレー)だと、電源が切れいているときはリレーが不定になっちゃうんですよね。。
安全性を考えると起動時の給電管理(シーケンス?)も必要のような。。

と、頭の中がぐるぐるしてきたので今日はここまで (^^;

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年4月22日 (日)

腕木式信号機

鉄道設備には疎くて今更ながら勉強中です (^^;
この知識のなさが緻密さを欠く要因でもありますね。。

という言うわけで県立図書館へ行って本を借りてきました。
Img_3443
この本は2000年ごろの本のようで、すでに腕木式信号機が終焉を迎えるころのものです。
本の紹介になっちゃいますが、写真がきれいです。
そして解説がついています。

なぜ今更腕木式信号機かというと・・・
駿遠線の藤枝本町駅の写真には片腕タイプの腕木式信号機が一つしか見当たりません。
(高洲駅などは両腕式)
これは一体何者???

というわけで、今のところの推測は・・・
・軽便鉄道はそれほど信号機を必要としない?(スピードが出ない)
・高洲駅などの両腕式信号機は場内信号機?
・出発は駅長の指示があれば出発用信号機は不要?
・藤枝本町に見える腕木式信号機は片腕で大手側が赤ということは
 あくまで大手方面からのカーブによる駅の見通しの悪さのためのもの?
 それとも引き込み線用?



それよりさっさと作れですね (^^;

動くようにしようとか考えるのは・・・今のところやめておこう。。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2018年4月15日 (日)

巣鴨つあー

毎年この時期の恒例の巣鴨つあーになりました。
そしていつも最終日ギリギリ (^^;

すでに多くの方がレポートしているので今更感もありますので、
あくまでも自分の備忘録として。。

川の色はこれくらいがいいですね~
Img_3403

建物の裏もちゃんと?散らかっています。
Img_3412

最近屋根の色に興味が。。
Img_3413
それにしても植木鉢とか細かいです。

こういうシーンは観察力必要ですね。。
Img_3418

ここにもちゃんとゴミが。
Img_3419_3

橋がいいですね。どこから見ても絵になりますね。
Img_3423

やはり実物を見るのはいいですね。
写真ではわからない、感じるものがあります。
色味にしてもサイズ感にしても。
そして工作モチベーションがアップします。
少しですけどね (^^;

ネットとリアルうまく使い分けたいものです。

その後はお買い物して帰宅したのでした。
Img_3436
とりあえずナローなポイントとレールをげっと。。

そろそろ真面目に作り始めなくては (^^;

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年4月 7日 (土)

ブレーキ総とっかえ

備忘録ネタです。
10年以上乗っているとブレーキローターも摩耗してきてしまいます。
そんなわけでローターとパッドと総とっかえ大会しました。

用意したのは純正品と社外品色々です (^^;
Img_3362_3

まずはフロントから
Img_3363
ローターは裏からボルト2本で止まっています。

さびていますね (^^;
Img_3365
磨きます。
Img_3366_2
かなり減っていました。
Img_3367
裏側も (^^;
Img_3368

リアはブレーキシューも交換します。
これはなかなか大変です。
Img_3369
パーキングブレーキ側も緩めて、
ローターを外すと、
Img_3370
ローターの内側にもう一つのブレーキが出てきます。

この歯車のようなのがシューの開閉を調整する部分です。
Img_3371
矢印みたいな部品がシューを押さえているところなのですが組むときは大変なんです。
Img_3375
リアのローターの内側
Img_3377
フロントほどではありませんがやはり摩耗していました。
ダートは走っていないのでローターはきれいでしたが。。
パーキング用のシューはもちろん摩耗していませんが今回は取り替えます。

ついでにダンパーを少し強めにして約4時間の作業でした。
Img_3380

約30分街乗りした限りではフロントのアタリがまだ足りませんね。。

明日はお出かけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月27日 (火)

第3回鉄道模型芸術祭 その2

続きです。。

5F奥の展示室に入ります。

入っていきなり壮観なガラスケースが!
一体このガラスケースでいくらなんだろうって思っちゃいました (^^;
P1040389
こういう展示台ほしいですね~
P1040391
蒸気は持っていませんが。。

余談ですが、ターンテーブルってよく見ると爪が出て位置決めしているんですね。
P1040373

この田んぼもきれいでした。
P1040383
恐らく植毛?したのだと思いますが根気がすごいです。

水槽は照明があって埃が付かなくてよいです。
アクリルケースより安そうです。
P1040384
手が届かないさみしさがあるかな?

最後はNGJのコーナーです。
P1040375

ありとあらゆるものがそろっている感じですね (^^;
P1040374
このカサカサ感がたまりません。
やっぱり実物を見るといいですね~
本当に習得したい技術です。

宮下さんのモジュールの色合いはいいですね~
P1040376
統一感と近視感のある色合いは目指したいところです。
P1040385
巣鴨の展示も見に行きたいです。
P1040386
猫屋線とは思えないです (^^;

Oナローは目に優しいです (^^;
P1040377
大きいはずなのにちゃんと収まる景色。
P1040379
ピンぼけ (^^;
P1040378

一方こちらは目に優しくないです(笑)
P1040380
ちゃんと走る車両技術が素晴らしい。。

最後にこのバラック感がそそられます (^^;
P1040381
線路のセンサーはリードスイッチでした。
こういうのが自由に作れる技術もうらやましいですね。。

後で気が付きましたが地下にもう一つコーナーがあったのですね (^^;
P1040392
取り忘れた写真もいっぱい。。

ともかく、展示会場も広くてゆったり見学でき、お話も聞け
大いに刺激を受けることができました。

逆に作りたい妄想?欲望?が増えてストレスになっちゃいました (^^;

出展者の皆様ありがとうございました。

追伸
TMSってほんと本屋で見かけなくなりました。
群馬じゃ見つからないので池袋西口の本屋をしらみつぶしに。。
結局1時間以上歩き回ってTOBUにあったのでした。
Img_3322
ネットで買えばよい話ではありますが (^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第3回鉄道模型芸術祭

模型製作のモチベーションアップという名目で初めて見に行きました。

場所は池袋西口の東京芸術劇場。
Img_3316
桜がきれいです。

この建物、以前から気にはなっていたのですが入るのは初めてでした。
P1040363
中は大きな空間が。。
なにしろ芸術劇場ですから敷居が高かったわけです (^^;

展示は何カ所かに分かれてありまずは地下へ。
オープンスペースではプラレールとレゴブロックが出迎えています。
P1040348
壮観なプラレール!
P1040349
やっぱりプラレールは偉大です。

レゴブロックもなかなかすごいです。
P1040350
ここまで作りこむともはやブロックのおもちゃじゃないですね。
P1040352
P1040353
ポロっと崩れたりしないのでしょうか (^^;

そして展示室へ。
P1040354
小さいながらも雰囲気が良いです。
小さいということはRも小さく、トンネルに入ったとたんにエンドレスになっています。
P1040355
しっかりした情景の中かわいい列車が癒されます。
P1040356
驚きがこの線路。
P1040357
水の中を列車が走っています!
ショートしないのか?と考えてしまいがちですが、
考えてみれば列車に電池を積んでいればできそうです。

そして、この日一番の衝撃!?
P1040358
枯山水のなかを岩が走っています!
このセンスは感動モノでした!
線路の敷き具合もいいんですね。
岩がひょこひょこ動く感じがたまりません。
一応動画もアップしておきます。
「00001_1.mp4」をダウンロード

これもまたセンスですね。
P1040360
情景は本格的に作りこまれていますが、列車と人間はかわいいです。

5Fに移動して。
Img_3317
広い展示室の最初は岩本駅。
P1040364
Nゲージは編成が省スペースでいいですね。。
岩本駅の駅舎は建て替え後のものです。

HO(と書くと怒られる?)だとでかいです (^^;
P1040366

このホームドアシステムも面白かったです。
P1040367
列車が到着するとホームと車両のドアが開き乗客の乗降ができます。
仕組みについては手品のネタのようなものなので割愛します (^^;

とにかく人があふれかえっています。
P1040368

これはNゲージですが情景が素敵でした。
P1040370
私は知らなかったのですが、リニューアルしたものとのこと。
P1040372
色味が昭和っぽくて最高です!
P1040371
どの角度から見ても絵になります。
やっぱりNゲージいいなぁ (^^;

こちらはダイヤ運転。
Img_3323
最初は何をもめているのだろう?と思いましたが理解できました (^^;
机の下にもぐっている指令のかたは大変ですね。。

システムで一番興味のあったのはこれでした。
Img_3327
これを見るとDCCも楽しそうです。
ただ、ここまでシステムを組むというか、ソフト開発のハードルは高いですね。。
線路のセンサーは照度センサを使っているとのこと。
照度センサーの場合、列車と連結部分が交互に反応するので判別処理が難しいとか。
我が家の自動運転もそこが課題で単行専用になっています (^^;

今のご時世なら列車側にRFIDなんでしょうね。

と、ここで休憩。。
つづく。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月22日 (木)

機種変更

工作が進まないのは仕事のせいにして、PCやスマホで遊んでいるこの頃です。。

PCのSSD化が終わって、今回はスマホの機種変更。

たまたまコジマ電気へ行ったところ、
iPhone8の64GBモデルが実質ゼロ円とのこと。
iPhone6Sを使っていましたが、2年たちこれはチャンスか?と。
ドコモのポイントがあったのと、台数まとめて機種変更すると
さらに4000ポイント(ビックカメラ)がもらえるとかで、まんまと機種変更しちゃいました (^^;

6Sも下取りに出すと17千円くらいとの話もありましたがそこは見送りました。
下取り出せばAppleCareの費用になって本当にゼロ円相当なのですが。。

機種変更しての感想は・・・・新しいものは良いです。

でも、さほどハードな使い方もしないので劇的に早くは感じず。。
機能面ではApplePayとか非接触充電とか使っていませんし変化は小さいですね。
それが良いのかもしれません。

逆にヘッドホン端子がなくなって変換ケーブルが必要とか、
ボタンのクリック感がなくなったとか若干の不満もありますが
まあ大した話じゃないですね。

移行はiTunesでバックアップを取って復元するだけでだいたいOKでした。
一部のデータとアプリの機種変とdocomoの設定がありましたが。

待ち受けをクリスマスツリーから、何年か前に撮った桜に変更して気分一新です!
Img_3296

余談ですが、Apple信者じゃないです (^^;
でも道具としてのスマホはAndroid端末よりiPhone のほうが好きです。
なんでもありのGoogleより企業としてのAppleのほうが良いという期待とも言いますが。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 6日 (火)

SSD化をしながらお出かけ

先日メモリ増設した5、6年前のPCですが、
メモリ増設して快適になると欲が出るもので、
HDDをSSDに装換してみました。
(途中で現実逃避しています)

まずはSSDの選定。
メモリのタイプは色々あるようですが、
ここは一般的なTLCタイプで比較的新しそうなものを選定。
容量は500GBクラスにしました。
Img_3236
お気楽にヨドバシにて (^^;
18千円くらい。
SanDiskってWesternDigitalに買収?されたのですね。

SSDだけじゃコピーできないのでSATAの外付けUSBケースも購入。
これは後に取り外したHDDの行き先になります。

SSDをUSBでつないでいよいよクローン作成。
しかし、これはなかなか大変でした。

まずは期待せずにSSDにWindwos10のバックアップをとって、ブートディスクで起動してみました。
Img_3239
が、あえなく失敗。
Img_3246
ブートしませんでした。。
もしかすると良い方法があるのかもしれませんが。。
早々にあきらめて、定番クローンソフトEaseUS Todo Backupのfree版。
これも1回目は失敗。。
原因はSSDの初期化にあるようです。
ネット情報をもとにMBR形式で初期化してみましたが、
MBRではクローン作製はできませんでした。

閑話休題

ここで一旦挫折して遊びに (^^;
暖かくて天気が良いのにコピー画面とにらめっこは苦痛で・・・
P1040338
海なし県に住んでいると衝動的に海に行きたくなるわけで・・・
P1040339
春の海です。
P1040343

と、約350Kmドライブで気分リフレッシュして?再開!

まずはSSDの初期化から。

SSDの初期化は、コマンドプロンプトからdiskpartを呼び出します。
Diskpart
DISKPARTという新しいウィンドウで「list disk」と入力します。
ディスクのリストが出てきますので、ここでフォーマットしたいハードディスクを選択。
外付けUSBディスクはdisk1に見えましたので「select disk 1」と入力。
その後「clean」と入力して、
「DiskPartはディスクを正常にクリーンな状態にしました。」
と出て終了です。

あとは「ディスクの管理」を起動すると、MBRかGPTか選択を求められるので
GPTを選びなおしておしまい。
ここではパーティション作成とかフォーマットとかしません。

あとはEaseUS Todo Backupを起動してシステムクローンを作成。
オプション選択したのはSSDに最適化だけです。

このあと延々とコピーが続くのでした。。。
約300GBのファイルをSSDにコピーすること約5時間。(途中で寝ました)

今回は容量の大きいHDDから容量の小さいSSDにコピーしましたが成功でした。
ただ、リカバリーエリアなどはなくなっていました。。
どのみちWindows10にアップデートした際に使えないので関係ないのですが。。

最後はHDDを外してSSDを取り付け電源ON!
(作業時は電源・バッテリを外して静電気に注意です)

Windows画面が出たときは感動でしたね~
そして起動・終了の早いこと!
6年位前のVAIO S15シリーズなのでSATAのスピードも3G止まりなのですが、
それでも快適です。
もうHDDには戻れません (^^;


PS.
海の帰りに上里SA(上り線)のそばの豪華な建物のお菓子屋さんへ。。
Img_3250
ずっと気になっていたのですが、やっと寄れました。
パンやアウトレット商品などもありなかなか面白かったです。

Img_3253
やっぱり、車とパソコンは古くても速いほうがいいです。。
いや、バランスかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月26日 (月)

元図はこのくらいで

元図はこのくらいで終わりにしましょう (^^;

Photo

#建築模型じゃないし(言い訳)

この後は柱と壁の試作をしてみます。
レーザー加工機の誤差がどの程度なのかも調べつつ。。

そのあと窓の設計です。

ただ、もう一つ工法があり、
厚さ1.5mm厚の板や厚紙をレーザーカットして柱を作る方法です。
これも捨てがたいんですよね。。
ただ、自分の加工機はそこまで出力が大きくないので悩み中です。
出来なくはないですが。。

今回の場合、屋根裏なんて見えないわけで、工数削減と精度の確保には捨てがたく。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月23日 (金)

元図作成中。。

色々あっちやったり、こっちやったりで気まぐれ状態です (^^;

で、今回は元図の検討中です。
Photo
間取りは市誌にあったものです。
あとは各種写真を見たり、くるまやさんの現地調査結果を元に考え中です。

で、飽きると他のことを・・・
Img_3223_2
結局このシリーズ3冊買ってしまった (^^;

あ、ポイントもげっと!
Img_3219
更に飽きたら線路ならべですね。
しかし、PECOは高い。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年2月11日 (日)

線路配置検討中

今回検討中は藤枝本町駅です。
近年まで駅舎が残っていたので色々つっこみがありそうで恥ずかしいのですが (^^;

それはさておき、今回の狙いは自動交換。
上りと下りが待ち合わせしてそれぞれ発車する制御を考えたいと思います。

そこで悩みが制御が先か線路が先か?
悶々と考えていても仕方ないのでイメージがわくように並べてみました。
P1040337
う~ん。。でかい (^^;

そもそも、900X300と500X500のモジュールで作る意味はあるのかな?
どうせセットで切り離せないなら一体で作ってもよさそうな気がしてきました。

ただ、このサイズじゃ運べませんからもう少し小さくしないとですが。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年2月 9日 (金)

micro:bit その3

やっと動いた (^^;

今回はiPhoneでプログラムを書いて・・・
Img_3163

micro:bitへBluetoothで書き込み!
プログラム自体はしょうもないものです (^^;

あまりにもしょうもないものですがこんな感じに。。
「IMG_3164_001.mp4」をダウンロード

と、単なる遊びです。
さすがにiPhoneでお絵描きプログラムはきついです。。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2018年2月 3日 (土)

メモリ増設

工作の気分が乗らず。。

工作が進まないのはPCの性能が悪いから・・・
という子供の言い訳のような理由を少しでも解消すべく?

7年位前のパソコンにメモリ増設です (^^;
P1040333
型おちで9万円ぐらいで買った記憶が。。

でも一応当時のスペックは高かったんです。COREi7だし。
ただ、Windows10にしてからは不満もあって今回はメモリ追加です。
さすがに4GBはきついので。
P1040331
ヨドバシで4,260円だったというのもあります。
今買っておかないとメモリも手に入らなくなりそうですし。。

静電気に気を付けてザクっとさしてぱっちん!
P1040332
終了です。

本当はHDDもSSDにすれば早くなるのでしょうけど、中身移すのが面倒で。。。
まあ、おいおい考えます。

これでまだまだ使えそうです (^^)v

でも新しいPC欲しいなぁ。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月29日 (月)

今年も更新

今年も更新しました。

Img_3135
もうずっと使っていませんけどね (^^;

気持ちの問題ということで。。


工作は進まず。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月20日 (土)

micro:bit その2

先日買ったmicro:bitですが、アクセサリの組み合わせが悩ましいです。

本体とボタン電池基板をつなげるとコネクタが刺さらない。。。
P1040249

ボタン電池基板を付けるとケースに入らない (^^;
P1040250
まあ、これは私のミスでしてボタン電池も入るケースがあるようです。

そんなのはどうでも良いことで、環境構築へ。

以下備忘録です。
・MicroPythonについて
http://microbit-micropython.readthedocs.io/ja/latest/index.html
日本語ページはありがたいです (^^;

・インストール
http://microbit-micropython.readthedocs.io/ja/latest/devguide/installation.html
ここから、Yottaへ飛んで、
Windows installerをダウンロード

・インストールの際は以下を選択

  • python
  • gcc
  • cMake
  • ninja
  • Yotta
  • git-scm
  • mbed シリアルドライバ

 でもmbedシリアルドライバのインストールで、本体をつないでいないとエラーになります。
 あと、mbed(ARM mbed)にはsign upが必要みたいです。。

というわけで、ボタン電池がなかったので今日はここまで (^^;

ところで、Pythonとか知っていかるのかって?
さっぱりです (^^;

ninja、Yotta、gitまったくもって未知の世界です。。

何をしたいのかも未知の世界です (^^;

単なる好奇心ですね。
頭の体操とも。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月19日 (金)

micro:bit

秋月電子のサイトを見ていて気になっていたのです。
P1040242
世の中的には、Arduinoとかラズパイとかイチゴジャムとかのほうがメジャーな感じですが、
なんとなく安くて小さくてシンプルそうだったので。。

サイト(http://microbit.org/ja/)を見ると、
なんと小中学生むけの学習用みたいでした。
さらに英BBCが?日本語サイトもある!
ということで、PICはどうした?という感じですがお試しに買ってみました。

さらにせっかくなので、コネクタと
P1040244

ボタン電池のフォルダーも
P1040243

でもケースは失敗でした (^^;
P1040248 ケースに入れてコネクタを
電池フォルダーが入るタイプのつもりが間違えました。。。

さて、どうするかはこれから考えます (^^;
いや、寝ます。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士山つあー

雲一つないお天気で縁起良い感じです。

P1040234_2

さらに向きを変えて、
P1040241

最大ズームで、
P1040240

良い年でありますように。。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 9日 (火)

PWMパワーパック Ver3?

PIC16F690がなんとなくわかってきた気がするので回路図を書いてみました。
ぼちぼち実験用のブレッドボードも怪しくなってきましたので。。

しかし、回路図書くのも大変ですね。。
ツールに慣れないのと配置のセンスがね。。
690powerpack
正直、手で書いたほうが早いですね。。

まだ間違っているところや、端折っているところがあるかもしれません (^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 8日 (月)

PICのお勉強 PWM確認

動いたっぽいPWMの周波数とデューティの確認です。

いんちきオシロで波形確認すると・・・
P1040230
周期約80us=12.5kHzで予定通りでした。
画面はVRの中央値でデューティ約50%なので、PWMの動作は大丈夫そうです。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

«PICのお勉強 PWM編